パーティー行かなあかんねん @京都

今まで何度も遊びに行っている京都へ、初めて車で行くことになった。
ETC割引により、新幹線の行きの料金のみで、高速代とガソリン代まで足りてしまう訳で、
それを利用しないのは、ただただ損なだけ。

渋滞も予想されるので、朝5時に家を出発。
相方をピックアップし、コンビニで軽く食料を調達し、いざ東名へ。
ちょっと明るくなってきたかなぁと思う程度のこの時間帯にも関わらず、車の数が多い。
豊田東JCT手前でちょっと混み出したが、伊勢湾岸道路に入ると車線も多いし、快適なドライブに。
が、三重県に入った辺りで次第にゆっくりになり、四日市を通過するのに30分との表示。
渋滞スタート・・・
亀山JCTを超えるまでにはちょっと時間が掛かったが、そこからはまた快適に車を走らせ、
京都東ICを降りたのは、9時半。
三条通りを北に向かい、南禅寺から東大路に入り、白川通りに入れば、もう見慣れた場所。
なんだか自分の車で走っているのが、変な感覚。
いつもは友達のウワサさんのハイエースを運転しているから(笑)
相方も高速を降りてからお寺などの建築物が見当たらないので、「京都に着いたとは思えない」などと言う始末(笑)

まずは、ラーメン激戦区一乗寺エリアに住む一家争鳴さんのところへ。
今回京都へ行くのは、一家争鳴さんの結婚パーティーに招待されたから。
気を遣ってもらい、相方までご一緒させてもらうことになっていた。
とりあえず、お土産のいちごをパーティー前にお渡ししなければならず、本日の主役に先に会う段取りになっていた。
準備なんかもあるから、お渡ししたらササッと退散するつもりでいたら、
喫茶店に誘われ、一緒にモーニングを食べることに(笑)
こんな日に奥さんを差し置いて、僕らと朝飯食べてもええのかなぁ?なんて思いながら、半年振りの再会で会話も弾む。

11時前くらいにお店を出て、一旦主役とは別行動になり、相方のリクエストで三十三間堂へ。
場所がわかりやすいので、特に迷うこともなく、駐車場も三十三間堂の無料駐車場(時間は40分程度)に入れられた。
拝観料(600円)を払い、中学校の修学旅行以来の自分の顔に似た仏像探しのスタート(笑)
仏像は千体ほどあり、さらに最上段まで行かずとも、顔がはっきりわからない(笑)
三十三間堂の名前の由来となった大きな柱の2本分の区画で、自分の顔探しは断念(笑)
120mの長い回廊をゆっくりと回り、ここでの有名な行事である通し矢をところもある庭を一周した。
庭には、満開になっている桜が何本かあり、ここでも日本の春を感じた。

お昼になり、予約しているmatabyteくんのスペイン料理の店へ。
ナビはないが、全く迷わず辿り着ける自分が怖い(笑)
約束の時間より早く着いたので、まずはいつも泊まらせていただくBABYFACEさんの家に行く。
ちょうどお昼ご飯で家に戻っている時間だったので、助かった。
そこらのお店なんかよりよっぽど美味しいコーヒーを入れてくれるので、ここに来たら普段飲まないコーヒーをいただく。
BABYFACEさんは仕事に戻らないといけないので、家の鍵をお借りして、待つことにする。
naranjitaさんから連絡をいただき、時間の掛かるパエリアを先に作ってもらい、頃合いを見計らってお店へ。
この日はもう車に乗ることもないので、自宅の駐車場をお借りすることにした。
ありがとうございました。

お店に行き、僕らのお気に入りのイカ墨のパエリアと、タコのガリシア風、スパニッシュオムレツを食べた。
パエリアは2~3人前だけど、美味しいから一人で全部食べたくなるほど。
こちらも半年振りだったので、楽しい会話に美味しい食事という贅沢な時間が過ごせた。

今度はBABYFACEさんのお店に行き、注文していたインナーウェアと、カスタムで作成するインソールを購入。
カスタムのインソールは、自分の現在の足腰の状態に合わせて、骨格が正常な状態になる位置で作成する。
既成のインソールでは、万人向けに7割程度の効果しか出ないようだが、これは100%僕仕様で、10割の効果が出る。
完成したインソールをシューズに入れて試したが、あまりの違いに感動してしまった。
今回は、フットサル用にブラックを作ったが、次回は普段履き用にグリーンを作る予定。

時間が来たので、BABYFACEさんの家に戻り、結婚パーティー用の着替えをする。
一緒に行く予定になっていたウワサさんは仕事が長引き、ちょっと集合時間に遅れそうだという連絡があり、
もう一人一緒に行く酒屋のGroveさんのところへ向かう。
酒屋に着くと、Groveさんの奥様が対応してくれて、「主人は間に合わないので、先に行っててほしい」と言われた。
ウワサさんはだいぶ急いだ様子で来たが、Groveさんが遅れることは聞いていなかったようだ。
ただ、Groveさんは段取りがきっちりしている方で、電車の時間をきちんと調べてあったらしく、
僕らはそれに従って行けばいいだけになっていた。
スペイン人公認のラテン系ウワサさんでは有り得ないこと(笑)
友達に恵まれているというのか、お互いに持っていないものを補っているというのか、
世話焼き、段取り上手が多い。(ウワサさん本人にとっては余計かもしれないが・・・)
まぁ、従えば全く問題ないはずだったが、乗り換えの電車に乗り遅れてしまい、ギリギリで会場入り(笑)

受付を済ませ、指定されたFテーブルに行くと、一家争鳴さんの弟子のドレッドくんがいた。
パーティーの司会は、一家争鳴さんとユニットを組んでいるSeiちゃんがいた。
どちらも一家争鳴さんを介して知り合って、ドレッドくんの実家のお寺でのライブ、バイト先の美味しいとんかつ屋、
Seiちゃんの地元宇治の案内などなど、いろいろとお世話になっていて、こういう場所で再会できて嬉しかった。
パーティーが始まるちょっと前にGroveさんも合流。
実は初対面ではなく、Yマちゃんが野球の助っ人をお願いされた時に、僕も暇だったのでついて行ったことがあり、
そのメンバーの足りなかったら野球チームにGroveさんがいて、ユニフォームやらを貸していたのを記憶していた。
Groveさんもその時のことは覚えていたようで、一気に打ち解けた感じになった。
BABYFACEさん、ウワサさん、Groveさんの3人は、同級生でしかも同じ高校だと言う。
Groveさんは甲子園に出場したほどの選手で、しかもピッチャーだった。
高校時代はスーパースターだったようで、しょうもないウワサさんのことは知らなかったようだ(笑)

Fテーブルのメンバーは、一家争鳴さんの友達が揃っていたが、ほぼ誰も奥さんには会ったことがないことが判明。
僕は静岡に住んでいるし、普段からなかなか会えないから仕方がないかもしれないが、
京都に住んでいる方々まで奥さんのことを知らないとは・・・
僕の向かいに座っていた方は、小学校時代からの友人で、乾杯の挨拶もお願いされていたのに、
奥さんに会ったことがないとか言ってるから、どんだけ秘密主義なのよ(笑)

パーティーが始まり、新郎新婦が入場すると、僕らは初めて奥さんのお顔を拝見することとなった(笑)
傍目からの印象では、新婦は堂々としていたが、新郎はちょっと緊張したご様子(笑)
新郎から直々にオファーを受け、今パーティーのカメラマンに抜擢されたのは、うちの大将ウワサさん。
うちの大将も緊張気味(笑)
ファンタジスタなので、ポジショニングは常人には理解できず、
本人が気を遣っているのは重々わかっているが、ちょっとずつ人の邪魔していることに気付けていなかった(笑)
しかも、カメラアングルが独特で、被写体を正面からではなく、斜め後方から撮っていた。
被写体になっていた新郎新婦も「なんで?」って感じだったようだ。
必然的に、普通に写真を撮ろうとすれば、主役の背後だったり、脇にウワサさんが写りこむわけで、
僕らがいくら注意しても、「僕は雰囲気を撮るようにしてますんで。」という謎の言い訳をする(笑)
確かに、プロのカメラマンがいたから、ちゃんとした写真は任せればいいかもしれないが・・・
あと、参列している方に気を遣って、姿勢を低くして移動していたウワサさんだが、
三脚に固定で設置したビデオに、ウワサさんの頭がちょうど写るような高さで、ここでも天才ぶりを発揮(笑)

食事はビュッフェ形式で、お寿司、サーモン、ブリなどのマリネ、ローストビーフ、トマトクリームのパスタ、
エビとチンゲン菜の炒めものなど、和洋中の料理を楽しめた。
美味しかったけど、あんまり食べるとスーツを破壊しかねないので、かなり控えめに(笑)

新郎の一家争鳴さんがミュージシャンだけあって、余興の演奏が半端なかった。
狭い空間での演奏だと、ヴォーカルが聞きにくくなってしまうことがあるが、
女性4名、男性2名(1名はSeiちゃん)で構成される合唱団のレベルがすごくて、圧倒された。
その中で、新郎新婦がチークダンスを要求され、前に出て踊り始めているとき、
うちの大将は、ピアノの演奏の写真を撮りまくる(笑)
更に、新郎新婦のキスを迫るという状況でも、ピアノの写真を撮るうちの大将(笑)
テーブルに戻ってきた大将は、汗が額から流れ、「仕事してきたぜ」って感じのどや顔(笑)

新郎のスピーチは、かなり緊張していたみたいで、持参した紙がグアングアン震えていた(笑)
どうやら、ギターがないと、手持ち無沙汰というのか、ダメらしい。
堅苦しくないパーティーなので、もっとふざけたスピーチでもするかと思ったけど、
やっぱり根は真面目だから、きちんとしたスピーチだった・・・はず(笑)
ちょっとうちの大将が飛ばし過ぎてて、主役の大舞台の印象が薄くなってしまっていて(笑)
ごめんね、一家争鳴さん。
改めて、おめでとう!

楽しい宴も終わり、次は2次会。
四条河原町のお店だったので、地下鉄四条駅で降りて、そこから酔い覚ましに歩いたらちょうどいいくらいの時間。
ウワサさん、Groveさん、ドレッドくん、相方と僕で移動するが、やっぱりGroveさんは頼りになる。
電車の時間、お店の場所の確認、移動ルートの確認と、しっかりしてはる。
2次会の開始時間をちょっと遅れてお店に着くと、ここから参加のBABYFACEさんが既にいた。
どうやら、まだ片付けが終わらず、席にも座れないらしい。
お腹が減っているので、ちょっと不機嫌(笑)
新郎新婦も遅れて到着したが、まだお店には入れず、挙句の果てには、系列店の別の店舗に移動してくれと言われる。
事前に予約していてそれはないだろう、ってブーイングしていると、横でBABYFACEさんが更に不機嫌になっている(笑)
案内されたところは、人数の割にちょっと広い部屋で、別のテーブルとのコミュニケーションはとりづらい。
だいぶ遅れて2次会もスタートし、相方と僕はGroveさんと3人で話をした。
やはり結婚して、子供もいると、そういう話になる。
年齢的にも上だし、まだ自分が経験していないことを経験されているので、良い勉強になった。
そのあと、新郎新婦のテーブルに合流し、新婦と新婦の友達とウワサさんと僕らで話をした。
新婚旅行の話を振って、そこからうちの大将の旅行話でだいぶ盛り上がった。
やはりうちの大将の話は、鉄板ネタが多過ぎる。
むしろ、僕の振りが下手で、面白さを半減させてしまっているかもしれなかったので、ちょっと反省。
始まった時間も遅く、結構盛り上がったので、終電がなくなってしまった。
桂駅までの電車はあるので、そこまで電車に乗り、桂からタクシーで帰ることにした。
終電の時間やら、桂からのタクシー代やら、Groveさんは把握していたみたいで、ビックリ。
ウワサさんは新郎の家に泊まることになり、BABYFACEさんとGroveさんと僕らだけで帰った。

桂駅に着いてから、タクシーの乗り方をGroveさんからレクチャーを受けた。
基本的に日本でタクシーなんて乗らないから、勉強になった。
タクシーがプリウスだったので、ハイブリッドカーのシステムを運転手さんから聞いて、社内は盛り上がった。
案外おっちゃんも乗り気で話してくれる。
僕らとの掛け合いを聞いてると、やっぱり関西だなぁって感心してしまう。
静岡だったら、有り得ないんじゃないかな。
タクシーに乗っている時に、今夜会う予定だったYマちゃんから電話が。
あと10分で着くと告げると、12時半過ぎだったのに待っていると言ってくれた。
BABYFACEさんの家の前で降り、Groveさんと別れ、アレグレへ。
NARANJITAさんの姿はなく、matabyteくんとYマちゃんとonoくんが待っていてくれた。
もう25時近くなっていたので、申し訳なかった。
matabyteくんからサービスで、お米を牛乳と砂糖で甘く煮た”アロス・コン・レチェ”というデザートをいただく。
これは、大抵の人から不評だったようで、本日の主役だった一家争鳴さんにしか受け入れられなかった一品(笑)
なぜそんなものを薦めてくるのかは謎なのだが、大さじ一杯くらいの量が適量で、アリと言えばアリだった。
やはり、日本人だから、米を主食以外で食べるのはきつい。
よくヨーロッパでもサラダにお米があったりするが、僕は絶対注文しなかったしね。
お土産のいちごをYマちゃんとonoくんの2人に渡すと、Yマちゃんはその場で1粒食べた。
onoくんも自分の分ではなく、Yマちゃんのから1粒拝借(笑)
美味しかったようで、Yマちゃんの手が止まらなくなり、ついには1パック食べきってしまった(笑)
相当気に入ったのか、onoくんに「いつ静岡行こか?」と誘い出す始末(笑)
仕事の関係で、日帰りしか行けないようだ。
新幹線じゃお金がもったいないし、車だと相当へヴィなスケジュールになる。
onoくんは、運転する気がないと、BABYFACEさん状態(笑)
ほな、もう一人ドライバーが必要やなぁって言ってたけど、全員の頭の中にはあのお方しかイメージできなかった(笑)
きっと、近いうちに、大将にオファーが行くでしょう(笑)

アレグレで1時間くらい過ごしてしまったか、だいぶ遅くなってからBABYFACEさんの家に帰宅。
奥様のellieちゃんも起きていてくれた。
アロマテラピストのellieちゃんのご好意で、自分専用のアロマオイルを調合してくれると言う。
すぐにお風呂に入り、紅茶をいただきながら、マイアロマオイル作りスタート。
好みの香り、望んでいる効果などを聞き出し、お互いに6種類ほどの香りを選んでもらう。
2人とも柑橘系の香りが好みで、相方はリラックス&リフレッシュ、僕は疲労回復系の香りを入れてもらう。
植物の花びら、葉、茎、根、実、皮などからオイルを抽出するため、産地・時期によっても香りが違うらしい。
バラの花びらから抽出するオイルは、その抽出量の少なさから、希少価値が高いらしい。
ブルガリアに行った時、バラの谷は時期じゃなかったので行かなかったが、
どうやらそこで取れるバラのオイルが最高級のもののようだ。
バラの産地は、あとネパールにもあるが、そこのオイルもあった。
僕は香りより産地の方に興味が沸いてしまうイタイやつのようだ(笑)
相方は、ほぼ一発でお気に入りの香りに近いものをセレクトしてもらい、微調整して完成。
僕は、疲労回復系の香りのほとんどが、僕の好きな香りではないという致命的な違いが出てしまったが、
少し弱い香りのものに切り替えると、相方がそれを気に入ったようなので、僕もそれで完成。
専用の瓶に入れてもらい、開店予定のお店の名前入りのラベルを貼って、マイアロマオイルをいただいた。
付け方のレクチャーも受け、たっぷりと手に取り、手の温度で軽く温めて、体に延ばしていくとのこと。
次のフットサルが待ち遠しい。
カスタムのインソールでプレーし、マイアロマオイルでトリートメントし、skinを着て寝る。
完璧でしょ(笑)
ellieちゃんありがとう!

時間も3時半くらいになり、就寝。
ほぼ24時間起きていたことになり、長い長い一日が終わった。
このあと、相方との無意識の中での戦いが待っていたけど・・・(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2010-03-13 23:59 | 京都


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧