《WC2010》E組 日本vsデンマーク

決勝トーナメント進出を信じていたので、試合に負けることはないと予想していたが、
これだけ素晴らしい勝ち方が出来るとは思わなかった。
高地である影響か、デンマークの動きが鈍かったことは確かだが、日本はきっちり動くことができた。
そして、本田圭佑の最高の飛び道具である無回転FKが見事に決まり、
その伏線を上手く利用して、遠藤も素晴らしいコントロールのFKでネットを揺らした。
先取点の段階でも、きっとデンマークのゲームプランは崩されたはずだが、この2点目は非常に大きかった。

代表の攻撃の形が変更されてから、岡崎にとっては苦難の道のりとなってしまったが、
ここで試合を決定付ける3点目を奪ったことは、本当に良かった。
まぁ、代表の攻撃が今までと同じやり方を遂行しようとしていたなら、
試合には出られても得点が奪えず、戦犯扱いされていたことだろう。
それを考えれば、途中出場で守備要員としての出場しつつも、カウンターでゴール前に詰めることを
生真面目にやっていれば、こういう報いがあるというものなのだろう。

この試合の日本代表は、明らかに一皮剥けた。
ただ守るのではなく、攻撃に直結するように守備をし、そしてチームとしての運動量は相手を凌駕した。
チーム全体が走り負けないところは、驚きと言うしかないのだが、
それを実現するためにサポートしているスタッフに感謝だ。
才能無き監督でも、スタッフが一丸となって協力することで、そこの力不足を埋めることは出来る。
小さな力でも、全てが一体となれば、単純な足し算では計算できない大きな力となる。

引き分けでも勝ち上がれた試合だったが、デンマークに対して完璧な勝ち方ができたのは素晴らしい。
決勝トーナメントで当たるパラグアイは、南米予選を2位通過した強豪。
南米は、ボリビアやエクアドル等の高地での予選が必ずあるので、高地の対策が出来ているかもしれない。
デンマークのように明らかに動けないようならチャンスはあるが、そういうこともないかもしれない。
本当の意味で、ガチの勝負になる。
PK戦でも勝ちは勝ちだから、なんとしてでも勝ち上がっていってほしい。

なんだか、手の平を返したように岡田武史の評価が高くなってるみたいだけど、
僕は一貫して、全く評価していない。
続投なんて有り得ない。
この試合で少しだけ可能性を見せたが、彼の標榜する未来無きフットボールは、今大会で見納めに・・・
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-25 23:59 | 日本代表


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧