イタリアの次は、ポルトガルで

セミファイナル第1試合は、底力に勝るイタリアに軍配が上がった。
PK戦かと思われた延長後半13分にピルロが左足のミドルを打ち込みCKを獲得。
そのCKはデルピエロが蹴り、ジラルディーノが競ったこぼれ玉がピルロの元へ。
ミドルシュートを警戒したドイツ守備陣は、3~4人がプレスに行ったにもかかわらず、
ピルロがノールックでDFの間を通し、ダイレクトで撃てとばかりのパスが送られた。
それをグロッソがこれまた見事なコントロールショットで逆サイドネットに置いてきた。

この時間帯での得点は、決定的だった。
しかし、ドイツは諦めなかった。
この大会では、存分に”ゲルマン魂”を見せた。
チームを構築する上で、クリンスマン監督はアメリカで学んだ方法を駆使した。
ドイツらしくないなんて思われていたが、”魂”はむしろ取り戻したと言える。
もしかすると、これがホームで戦う唯一のチームの特権だったのかもしれない。
同点を目指し、なりふり構わず攻めに出たドイツだが、まんまとイタリアのカウンターを食らう。
今度はデルピエロがデルピエロゾーンから綺麗に逆サイドに置いてきた。

この攻防は、非常に素晴らしかった。
試合そのものは、僕にとってはおもしろくはなかったのだが、
得点に至るまでの過程は、この試合を早起きしてまで見る価値はあった。


さて、次はポルトガルとフランスの一戦だ。
本命は、こっちの試合だからね(笑)
デコよ、頼むよ!
[PR]
by neo_no14 | 2006-07-05 22:05 | Futebol


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧