12年振りの快挙

U-17アジア選手権 日本代表が12年振りに優勝した!

最高だよ、君たちは。


前回優勝したのが、所謂ゴールデンエイジと言われた小野世代。
とは言うものの、実はその上の年齢の選手が中心となっていた。
元清水で甲府で活躍中の山崎光太郎がチームのエースだった。
それ以降は、U-17ではアジアで勝ち上がることもできず、
残念ながらFIFA主催の最初の国際大会での経験ができなかった。

今回優勝したメンバーの中心選手は、水沼宏太(横浜FMユース)と柿谷曜一郎(セレッソ大阪)。
水沼は、現横浜FM監督の貴史の長男。
貴史と言えば、内股で歩を進めるだけでフェイントに見える独特のドリブルが特徴だったが、
宏太は、内股ではなさそうだ(笑)
彼の場合は、味方を使いながらのウン・ドイシュを多用するドリブルで仕掛ける。
当然パスした後に動き出してリターンをもらおうとするため、
非常に運動量も豊富で、このプレースタイルはオシム監督のA代表向き。
柿谷は、初めてプレーを見たときには、それほどのインパクトがなかった。
しかし、決勝戦のプレーを見てから、強烈なインパクトを食らった。
スピード・テクニック・落ち着きは、この年代では突出している。
緩急を使ったドリブルは、相手DFを腰砕けにするほど。
この先が楽しみな素材だが、真面目そうに見える水沼はそのまま成長していけそうだが、
柿谷はちょっと天狗になってしまうかもって思うような感じ。(あくまで個人的な印象)
若年層では、精神面での未熟さで自ら潰れていく才能が多い。
そうならず、この優勝から更なるステップアップを目指して欲しい。

[PR]
by neo_no14 | 2006-09-17 23:59 | 日本代表


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧