”呪い”はどうなるの?

去年は、Jリーグにまつわる忌まわしき”呪い”の伝説が崩壊した年であった。
サンフレッチェ広島にシーズン初勝利をプレゼントしたチームは、
降格もしくは入替戦(降格しない場合もある)になるという”広島の呪い”。
大分トリニータに開幕戦で勝利したチームは、降格するという”大分の呪い”。
”広島の呪い”は大宮アルディージャが、”大分の呪い”はFC東京がかかったはずだった。
しかし、両チームとも残留争いに加わったものの、最終的には入替戦も降格もなかった。
”大分の呪い”は、”開幕戦で1-0で勝利する”という条件付きならまだあるのかもしれない。
昨シーズン、FC東京は勝ったには違いないが、2-0で勝利したからだ。
どちらの”呪い”も歴史は長い。
広島の場合は、降格制度ができてから今までずっとそうだったし、
大分の場合は、大分が昇格してからずっとだ。

昨年の自動降格・入替戦(結果は降格)は、京都・セレッソ大阪・福岡の3チーム。
”広島の呪い”は、ついに連続記録がストップした。
あくまで連続記録であって、”偶然”という名の”呪い”は続くかもしれない。
そう、これはあくまで”偶然”でしかない。
色んな”必然”の要素が絡まりあって、その結果降格していただけ。
天皇杯覇者が次シーズン降格するという”天皇杯優勝の呪い”も、
天皇杯に勝ったから降格するわけでなく、
フロントの運営方針の誤りだとか、補強の失敗とか、
選手の精神面での勘違いなどによる”必然”の要素があって、
降格(降格争い)するという結果に至っているだけ。
何かとそういう”呪い”のような理由があった方がネタとして面白いだけのこと。

では、スポーツ界全般に言われる”弁当の呪い”に関して、清水はどうだっただろうか。
驚異的な勝率で夏場のチャレンジ5を乗り越えた清水だが、
そこで販売された選手の名前の入った弁当があった。

第1弾 藤本淳吾
第2弾 チョ・ジェジン
第3弾 青山直晃
第4弾 枝村匠馬
第5弾 兵働昭弘

うーん、80~90%くらい当たったかも…
淳吾は肉離れで戦線離脱。
ジェジンと青山はパフォーマンスが低下した。
枝村は4試合連続ゴールまでは良かったが、
それ以降は得点力を欠き、存在感が薄れていった。
最後に兵働だけど、病気で離脱。

まぁ、これだって”弁当の呪い”が直接的な原因でも何でもない。
怪我と病気は別として、パフォーマンスの低下等には、ちゃんと理由がある。

青山は、五輪代表・A代表に選出されたことで、
短期間でいろんな戦術に対応しなくてはならなかった。
もともと順応性に優れた選手ではないし、
清水でも応用力を感じるようなプレーを見たことがなかっただけに、
自分のプレーを見失ってしまったように思えた。
決して天狗になったからとは思わない。
なぜなら、その時期から苦悩する表情を多く見せているからだ。
天狗になっていたなら、そんな表情を作ることはないはず。
自分の置かれている立場、各チームでの求められるプレー、自分自身のプレー、
これらが自分の中で消化できないからこそ、苦悩していたんだと思う。
これの苦悩が彼をまた成長させる糧になることは間違いないので、
あの時期にそうなったのは良かったのはないかと思う。

FWのジェジン、MFの枝村は、やはり両サイドのMFの離脱が影響した。
負のスパイラルは、最終的な原因が何かはっきりしないのだが全てが悪い方向に進んでいく。
個人的にはFWの守備が甘くなったことが、
清水の9・10月に結果を残せなかった最大の要因と思っているが、
FWの守備が甘くなったのは、
両サイドMFの守備面でのサポートが機能しなくなったからとも言えるし、
DF(青山)の迷いがチームの守備に影響したと思っている人もいるかもしれない。
何が正解かは、正直わからないが、その全てが同時期におかしかったことは間違いない。
枝村は、ゴールを重ねる毎に、サポーターの期待が得点に移行してしまった感じがする。
僕が枝村のプレーで一番良いと感じるのは、ボールホルダーへのプレスの掛け方。
枝村は体幹がしっかりしているので、多少の当たりでも体のバランスが崩れない。
だから敵のゲームメイカーがボールを保持した時に体をぶつけていくのだが、
ほとんど倒されたりすることはない。
逆に相手は体勢が崩されるためパスコースも限定されるし、良いパスを送ることも難しくなる。
そこで出されれば、伊東輝悦がパスカットすることが容易になる。
まず枝村はこういうプレーを起点にして、攻撃に移っていく。
しかし、FWの不調・両サイドMFの離脱もあり、守備のバランスは崩れてしまっている中、
得点を期待される状況になってしまったのが不運だった。
ただでさえ、守備の負担が増えていたのに、そこに攻撃の負担も上乗せされた形だから、
無理もない。
そこまでスーパーな選手ではないので、酷としか言いようがなかった。

そう考えると、今シーズンはMFがもっと活性化しないとまずいことになりそうだ。
中盤のシステムの変更もありそうだから、
誰がどの位置に入るという固定はまだしていないだろうが、
ウン・ヴォランチの可能性も高い杉山浩太や、
このシステムなら中盤のどこでも可能な平松康平、山本真希、
またコンバートによる起用の可能性がある選手には期待せずにはいられない。
怪我での離脱はもちろんだが、代表にまた選出される選手も出てくるかもしれない。
底上げを考えても、カップ戦でチャンスを多く与えることが大事になる。
健太監督は、あまりチャンスを与えない。
無謀とも言えるような思い切った起用もするが、全体的には慎重派。
3年目の今年は、監督の采配もより攻撃的になってもらいたいと思っている。

完全に”呪い”の話から脱線してしまった(笑)
まぁ、とにかく”呪い”とかいう不確定要素に振り回されず、
自分たちの形をピッチで表現してもらいたい。
とか言いながら、開幕戦で大分と対戦しないことと、広島との対戦が5月末にあるから、
ちょっとホッとしている自分もいる(笑)

今年の広島の開幕戦は、FC東京との対戦。
原博美が率いるFC東京は、開幕ダッシュするというイメージがある。
ということは、広島に勝つってことになると予想する。
FC東京は、去年に引き続いて、”呪い”が掛からないことを祈る。

大分の開幕戦は、新潟との対戦。
正直、どっちが勝つのかわからないなぁ。
補強具合は新潟が圧倒していると思うが、それが即チーム力アップに繋がるとも限らないしね。

さぁ、どうなるかね、今年のJリーグは…
[PR]
by neo_no14 | 2007-02-21 22:14 | Futebol


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧