キリンカップサッカー2007 コロンビア戦

これが本当の意味での海外組との融合なのか?
Jリーグを舞台にする選手とのフィジカルコンディションの差は明らかで、
戦術理解度も低い状態では、彼らが本来持っている実力など全て発揮できるわけがない。
まだまだ時間が必要だし、本番まではあと2年以上ある。
結論は、早めることはない。

キリンカップ コロンビア戦で初めて中田浩二・稲本潤一がスタメンに名を連ねた。
メンバーは、GK:川口、DF:駒野・中澤・阿部・浩二、MF:啓太・憲剛・遠藤・俊輔・稲本、FW:高原。
基本的には、1トップという陣形。
1枚しかFWがいない場合、一番大事になってくるのは、中盤からの飛び出し。
メンバーが発表されてから、僕の脳裏にはこの中盤で飛び出していける選手がいるのか?
、という疑問が浮かんだ。
守備ベースの啓太と稲本、ゲームメイカータイプの憲剛と遠藤と俊輔。
所属チームでの役割とは違うことを誰かが、
いや誰もがやっていかなくてはならない中盤だった。
中盤の布陣としては、左の遠藤と右の俊輔は、トップに近い位置になり、
トップ下には稲本、アンカーに啓太、その中間に憲剛という感じだった。
意外だったのは、稲本のトップ下。
本人も動き方に戸惑いを感じているようだった。
しかし、オシムが標榜するサッカーにおいて、システムというのはあるようでないもの。
与えられたポジションも、それだけをやっていればいいという訳ではない。
ポジションチェンジは当たり前で、監督からの指示がなくても自分たちでポジションもシステムも変更することができる。
オシム監督になって初めての試合とはいえ、稲本は経験豊富な選手だけに、もっと主体的に動いても良かったと思う。
僕としては、羽生のような縦横無尽に動き回ってポジションチェンジを繰り返す選手が初めからいた方が良いと思っていた。
確かにそうかもしれないが、試合後のオシム監督のコメントからもわかるように、
もっと運動量を増やすようなプレーをしなくてはいけないということを教えるために、わざとトップ下で起用したのかもしれない。
ポジションチェンジを繰り返せば、必然的に運動量は増すし、自分が一番輝けるポジションで働くことができる。
それを理解してプレーしていなかったように思える。

中田浩二の出来は、守備に関しては良かったと思う。
ただし、もっとビルドアップやオーバーラップなどの部分では物足りなさを感じた。
オーバーラップはそれほど期待していないにしても、ビルドアップは歴代の日本代表DFの中でも有数のプレイヤーだと思っているだけに
もっとやってくれないと納得が出来ない。
左サイドバックは、現在のところ当確と思えるような選手がいない。
モンテネグロ戦では、阿部が対応したポジションになるが、本職ではない。
浦和でも左サイドバックをやらされているが、本人にとっては全く良いことではないが、
日本代表にとっては助かっている部分もあるので複雑な想いだ。
奇しくも、浩二もヴォランチが本職でありながら、センターバック・左サイドバックをチームでやっている。
オシム監督の元では、臨機応変な対応が可能な阿部の方が一日の長はある。
中盤の構成にもよるが、駒野は3バックの一角に入るのは難しいし、アンカーの啓太を下げるのも厳しい面がある。
今回の阿部のセンターバック起用は、あくまで闘莉王の代役ではあったが、非常に良い出来だったとは思う。
ただし、あくまで代役として考えるべきなので、現状では3バックの一角か左サイドバックかヴォランチに入り、
状況に応じてシステム変更・ポジションチェンジを行えるようにしていたい。
それと同じような役割を担える存在に浩二にもなってほしい。
加地亮が復帰すれば、駒野が左になる可能性もあるし、アレックスという手もあるのかもしれない。
でも、柔軟なシステム変更に対応するとなると、4バックの左と5枚の中盤でのウィングバックしかできない選手が両サイドだと難しさがある。
やはり阿部や浩二のような複数のポジションをこなす選手が戦術のキーになってくると思う。
だからこそ、浩二にはオシム監督の戦術を理解して、プレーで表現できるようになってほしい。

俊輔に関しては、コンディションも悪そうだったし、プレー自体も満足できなかった。
ボールを持ち過ぎたり、状況判断の悪さが目立った。
本人は、ボールタッチ数を少なくすることを心掛けたようだが、タッチ数が少なければいいのではなく、
ボールを保持する時間を短くすることが大事だということをわかっていなかったように思える。
トラップして、パスを出すというプレーで2回のボールタッチが必要になるが、
それを0.5秒以内に行うのと、2秒以上掛かるのでは、全く意味合いが違ってくる。
もし仮に0.5秒以内に3タッチできるのであれば、タッチ数が1回増えようが全然問題がない。
トラップした後の判断が非常に遅かったので、ボールを奪われるシーンが何度もあった。
しかも自陣のゴール近くで、即ピンチにつながるようなシーンもあった。
サポートも足りないような気はするが、それでももっと早い判断でプレーはできたと思う。

個人的に、高原・俊輔・稲本・浩二の中で、高原以外は論外に近い内容だった。
このレベルであれば、充分Jリーグでプレーする選手でもポジションを奪える。
もちろん、シーズンを終えたばかりの選手と、シーズンの中盤に入ろうかとする選手とのフィジカルコンディションの違いはあるが、
前日本代表監督のような所属チームやネームバリューだけでポジションを与えられることはないから、
試合の中で機能しなければ当然のように交代させられる。
90イタリアワールドカップで国民が待望するテクニシャンを揃えた布陣で大敗したのをきっかけに、
自分の望む動ける選手を並べることで結果を残したということを引き合いに出されているが、
僕は今回のケースは状況的に全然違うと思っている。
まず、まだ本番まで時間もあり、選手に不適合のレッテルを貼るには早過ぎること。
それにどこかから圧力を掛けられて選出した選手でもないし、
そんな圧力があったとしてもそれに屈することのない精神力をオシム監督は持っている。
でなければ、崩壊間近の多民族国家ユーゴスラビアで監督など務め上げることなどできないのだから。
今回、前半でほとんど合流も出来ていない海外組を起用したのは、自分のやりたいフットボールに適応できるか、
また後半に出場した選手がもたらしたダイナミックな動きによって、プレーの意識改革を自覚させることにあったと思う。
試合に使わずに自覚させようにも、実力にしても実績にしても自分の方が上だと判断してしまう可能性がある。
試合で起用し、動かなくては機能しないことを身を持って経験することで、初めてしっかりと受け止めることができる。
日本人は、この程度のことでキレて代表を拒否するような選手はいないし、
逆にこういうことが発奮材料となり、より成長する可能性があると思ってのことだと僕は思う。

P.S
理由はわからないが、日本代表の選手は妙なボールの蹴り方をすることが目立っていた。
ボールや芝の影響があったのだろうか。
[PR]
by neo_no14 | 2007-06-06 22:13 | 日本代表


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧