”この日、日本で一番熱い場所へ” 京都旅行記 1日目

12月5日(水) 曇り
9時頃家を出て、東名静岡インターに向かった。”J1・J2入替戦が見たい” こう思ったのが月曜日で、水曜日に京都、土曜日に広島で入替戦が行われる。広島にはつてがないけれど、京都はある。だから京都での試合は見よう。たぶん誘えば行くであろうYマちゃんにだけ連絡をして、京都の友達に内緒で計画を立てた。相方からの許しを得るために電話で話をするが、何でまた京都に行くのよ、っていうまともなご意見が。「僕は入替戦が見たいのよ。それがたまたま京都だっただけ。」 そう言ってなんとか許しをもらうが、翌週の火曜日に帰ることを伝えると激怒。仕方なく日曜に僕が妥協するが、それも許さない。金曜日に帰ってこい。それが相方の最大譲歩だったようだ。とりあえず、その条件を飲み、1日掛けて許しをもらった。とりあえず、行けるならいい。Yマちゃんに連絡して、西京極で合流することにした。今回は経費節約のため、高速バスで行くことにした。

高速バスに乗り込むと、かなり混んでいた。僕の席の前の人は、後ろに人がいないことをいいことにシートをマックス倒して寝ている。起こすのも悪い気がしたが、僕が座ることができないので、困っていた。荷物をガサガサと置いていると気が付いたらしく、シートを少しだけ戻してくれたが、まだ充分狭い。言うのも嫌だったので、僕も少しだけシートを倒して、さっさと寝ることにした。が、なかなかシートの具合がよろしくないので、眠れなかった。浜名湖・養老と休憩が入り、約5時間で名神大山崎に到着。体が痛いこと、痛いこと…。養老では雨が降っていたし、天気予報では相当寒いと聞いていた。確かに寒い。

高速バスを降りると、ちょうどYマちゃんから電話が。絶妙のタイミングで驚いた。とりあえず近くのコンビニまで行き、向かいのバス停からバスに乗れば、最寄り駅に着くと聞いたので、行ってみるとピッタリのタイミングでバスが到着。僕以外、誰も乗っていないバスは、終点まで誰も乗せずにきてしまった。ここでハプニング。小銭がない。札も一万円しかない。両替ができないのだ。運転手さんは、「今度乗った時に払ってくれればいいです。」 って言ってくれたので、まさかの無料乗り。

歩いてlikebabyfaceさんの家に向かう。実は、毎回京都旅行では泊めていただいているlikebabyfaceさんにも今日ここに来ることを伝えていない。みんなを驚かせてやろうと思っていたが、突然現れて泊めてくれって言うのは非常識。かなりドキドキしながら行ってみると、最初にお母さんに会ってしまった。「あら?」 驚いているお母さんに、「すいません。また来ちゃいました。今晩泊めてください。」 お願いする僕にあっさりと、「どうぞ。」 相変わらず、オープンな家庭だ。僕らのやりとりに、上にいたlikebabyfaceさんとuwasanouwasaさんがざわめく。「あれ?Neoさんの声がしない?なんで?」 そりゃ、「なんで?」って思うよね。入替戦があるから来ちゃいました、って言うと驚きつつも普通に受け入れてくれた。毎度ながらホンマに感謝している。

小1時間くらい話をして、西京極へ1人で向かった。西京極には17時半くらいに着いた。まだそんなにお客さんが来ていない。平日だから仕方ないか。チケットはYマちゃんが持っているので、まだスタジアムには入れない。西京極にはお気に入りの豆腐屋があるので、そこまで行くことにした。さすがに豆腐を買うわけにはいかないので、豆乳白玉を購入。試合観戦中に、食べられる揚げたての油揚げと湯葉巻きを購入。お揚げさんには僕の大好きな塩ぽんずもサービスでかけてくれた。これで準備万端。コンビニで時間を潰していると、Yマちゃんから連絡が。ほどなくして合流。「ホンマに来はったんですね(笑)」 うん、来ちゃったよ。みんな驚いてたよ。あとはアレグレでビセンテとアヤカさんを驚かせてやるよ。

”この日、日本で一番熱い場所へ” 僕が入替戦に行きたくなった理由は、これだった。が、この西京極はそうでもなかった。フットボールの質は、非常に悪く、ホーム京都が時に中盤をなくし6バックになるという信じられない戦い方をした。もう頭を抱えるしかなかった。しかも、こんな京都に対して、広島が打開できないところが悲しかった。結局2-1で京都が勝ったが、試合終盤に取られたアウェイゴールがキーポイントになるであろうと感じた。ただそれだけだった。

試合が終わり、電車に乗り込んで帰った。そして、そのままアレグレに突入。「こんばんは。」 目を細め、誰が来たかを確認するアヤカさん。事態がわかった瞬間、軽くパニックになっていた。「なんでいるんですか?この前来はったばっかりじゃないですか?なんで?ビセンテー、ビセンテー、Neoさんが来てるで。」 厨房から出てきたビセンテもキョトンとしている。それでも、「元気ですか?なんで来ましたか?」 なんて普通に対応できちゃうのがビセンテ。アヤカさんはちょっと興奮気味。そのリアクションを待ってたんですよ。likebabyfaceさんとuwasanouwasaさんも合流して、いつもの宴がスタート。相方がいない分、以前より増して暴走する。いやー、入替戦のことが忘れられるほど楽しめた。金曜日に帰ることを告げると、みんなから悪魔のささやきが。金曜に帰るのは嫌だったから、日曜にしようかと思っていたが、まさかあんなに長居することになるとは、この時は思ってもいなかった。
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-26 21:21 | 京都


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧