京都初日 2日目

青春18切符で6時間掛けて、関西に乗り込んだのは金曜日。
午前中に出掛けて、京都の友達の家に着いたのは、夕方。
静岡→浜松→豊橋→大垣→米原→京都と、5回乗り換え。
欧州での旅では、6時間乗車していることなんて、よくあることだったけど、
さすがに乗り換えをここまですることもなく、
また乗り換えるにしても、乗り換え時間が10分未満ってのは、あまりなかった。
日本の電車は正確だから、ほとんど遅れないし、トイレもまともに寄れない(笑)
夕食までは、友達の家でゆっくりして、いつもの洋食屋へ。
ここに来ないと、京都に来たって実感が半分になってしまうかも(笑)

土曜日は、お昼からYマちゃんの運転で出動。
サッカーでは何度も顔を合わせていたナリちゃんと初めてご飯を食べに行く。
お店は、ナリちゃんのおススメのハンバーグ屋。
混むから早めに行ったつもりだったが、既に店の前には人が並んでいた。
タクシーを使ってまで来店する人がいたほど。
肉汁がドバァっとあふれ出すハンバーグで、とても美味しかった。
300gを注文したのに、ペロリと平らげてしまい、帰国後肥大する胃袋を実感する(笑)

食事を終えて、ちょっとお茶でもしようとカフェを探す。
最初に行った店は満席のため入らず、別の店に移動。
駐車がおぼつかないYマちゃんに代わり、僕がドライバーに(笑)
大学時代に河口湖畔でバス釣りをしてて、友達に冷や汗をかかせて以来のセダンの運転(笑)
しかも、ほとんど通ったことのない道を走らせるから、なかなか緊張(笑)
あれこれどこのお店に行くか考えていたが、ナリちゃんの提案で図書館に行くことに。
図書館の飲食できるスペースで、旅のバカ話をして盛り上がった。
そんな中、ビセンテから電話が来て、スーパー銭湯へ連れてってほしいとのオファーが(笑)
”京都に、たくさん温泉あるやろ”って突っ込みもあったが、とりあえず行くことにした。
ナリちゃんを家に送り、最初の角でちゃんと左右を確認してから右折したつもりが、
いきなり視界に車が飛び込んできて、あわや事故になるところだった・・・
冷や汗はかいたが、汗をかかなきゃ風呂には行く気にならんと、
Yマちゃんの家の駐車場に車を置いて、歩いてわらび餅を食べ歩くことに。

相方がビセンテの家の近くにテレビか雑誌で紹介されていたわらびもちがあるとのことで、
みんなに聞いてみると、あそこかなぁって店があったのでそこまで行くことにした。
だけど、そこの店よりももう少し先にあるこじんまりした店の方が美味いとの噂も。
まぁ、どっちが美味いか検証しようとのことで、クソ暑い中のんびりと歩く。
ちょっと歩いただけで、充分に汗をかくほどの暑さ。
最初のお店に入って購入すると、店を出たらすぐに食す(笑)
なかなか歩きながらわらび餅を食べる人はいないはず(笑)
期待して食べたが、生温いため首をひねってしまった。
すぐにもう一軒の店に辿り着き買ってみたが、こちらも冷えていない様子。
近くのベンチで座って食べ比べたが、同じわらび餅とは言え、全然タイプが違うので、
評価するのはちょいと難しかった。
だけど、共通して感じたのは、”わらび餅は冷やして食べなアカン”ということだった(笑)
ビセンテの家の冷蔵庫で冷やしてもらうことにして、風呂の後で食べることにした。

ビセンテの車で、スーパー銭湯へ。
誘ったビセンテよりも僕の方が行きたかったかもしれない(笑)
帰国してからずっと温泉に行きたいと思っていたから、好都合だった。
サウナ好きなんで、あらかじめ長くなるよとは言っておいた。
体を洗い、ジャグジーみたいなところに入ってから、サウナへ。
最初は3人で入ったが、5分も経たずにみんなリタイア(笑)
僕は水風呂に入って、またサウナ。
7~8分のサウナに2分の水風呂を繰り返すこと3回くらいで、ビセンテが風呂を出る。
次の2回くらいでYマちゃんも出る。
最終的に僕だけ残ってあと何度かサウナに入り、ジェットバスで体をほぐして風呂を出た。
いやー、気持ちよかった。
ビセンテとYマちゃんはすっかり待たせてしまい、申し訳なかった。

車で家まで戻り、likebabyfaceさん、uwasanouwasaさん、一家争鳴さんと合流して食事へ。
8時半から美味しいつくね、焼き鳥なんかを食べながら、バカ騒ぎ!
シュートを撃てないおっさんの話で盛り上がり過ぎて、気が付いたら1時近く(笑)
最後の方は、ビセンテを完全に置き去りにしてしまった(笑)
風呂に続いて、ごめんね、ビセンテ。
でも、このバカ騒ぎがないと、関西に来た気がしない(笑)

終電もなくなり、一家争鳴さんを車で僕が送る。
京都市内の彼の家も、ほぼ完璧に送り届けられるほど、道を覚えてしまったようだ(笑)
しかもこの日は、セダンやらワンボックスやら、色々と運転した(笑)
likebabyfaceさんの家に戻ったのは、2時半。
日本代表の試合をテレビ観戦するつもりで、先に寝るlikebabyfaceさんもわざわざ僕のために、
テレビのある部屋に明かりを灯して準備してくれていたが、
いつ寝てしまうかわからないくらい眠かったので、部屋に戻り携帯のワンセグで観戦することにした。
ボールの動きがさっぱりわからなかったが、2-0になって安心してしまい、気付いたら寝てしまった。
起きた時に、結果を見て驚くことになったが・・・
[PR]
by neo_no14 | 2008-09-06 23:59 | 京都


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧