<   2006年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

伊東輝悦の後継者

今シーズンの伊東輝悦の貢献度は、異常とも言えるほど高い。
チームの中で唯一絶対に欠くことのできない存在である。
あくまでチームコンセプトという視点からの指摘ではあるけれども、
GKはレギュラーとサブの間に圧倒的な差はない。
DFもセンターでも両サイドでも誰かが故障したとしても代わりに入る選手はいる。
セントラルMFも、候補は結構いる。
両サイドMFも”ゲームメイカー”タイプと”槍”タイプと違いはあるが、
チャンスメイクをすることには変わりがなく、控えはずらりと並ぶ。
FWに関しては、得点力が劣るにしてもポストタイプ・シャドータイプの控えがいる。

でも、テルが君臨するヴォランチに関しては、同じ役割をこなすことができる代役が見当たらない。
今のテルは、”伊東輝悦”という守備面でのチーム戦術と化している。
彼が試合に出ないことは、清水の守備に安定を欠くことを意味する。
彼の担う役割は、中盤全体のカバーリング。セントラルMF・両サイドバックが飛び出した場合のバランス修正。シンプルなボール回し。セントラルMFとの縦関係のポジションチェンジ。
彼の特徴を挙げると、カバーリングに長けていること、読みの鋭さ、1対1の勝負で負けないこと、機を見ての飛び出し等がある。
ここが最も重要なポイントになるが、その特徴を生かすことを可能にしているのは、
群を抜いた運動量と速さにある。
運動量は間違いなくチームで1番である。
ヴォランチの候補としては、杉山浩太岩下敬輔、あと森岡隆三がいるのだが、
運動量の面で比べることができない。
浩太には浩太の良さ(ショートパスの精度・連携からの飛び出し)、
岩下には岩下の良さ(展開力・コーチング・リーダーシップ)があるが、
チームが望むヴォランチのスタイルではないので、戦術そのものが変わってしまうのだ。
去年の序盤では、伊東輝悦高木和道という2枚のヴォランチで戦っていたが、
高木和道の代役だったら岩下で良いし、テルの代役が浩太でも良い。
今はそのような戦術を採用していないので、運動量を要する守備重視のヴォランチと
積極的に前に飛び出していくセントラルMFというコンビのどちらかになる。
そのどちらにも岩下が当てはまらないのが現実だ。
浩太はセントラルMFの能力の方があるから、枝村匠馬と競っていけば良い。

そこで、すぐにでも伊東輝悦の後継者を育てなくてはならないと考える。
今年中に目処が立つまでに至らなくても、2~3年後には使えるように育てればよい。
他のチームから獲得するのは、非常に難しい。
FC東京の今野泰幸、浦和の鈴木啓太が適任かと思うが、どちらのチームも手放すわけがない。
ということで、現状の清水の戦力から考えたときに、ある選手の名前が浮かんだ。
それは、滝川第二出身の2年目FW岡崎慎司である。
天皇杯決勝ではFWながら縦横無尽にピッチを駆け回り、清水のプレスを支えた。
あの運動量・粘り強さを持ってすれば、きっとテルの代役が務まるのではないだろうか、
あと数年で必ず訪れてしまう伊東輝悦の引退。
ノボリ引退→淳吾加入のように、ルーキーで活躍する選手がすぐに獲得できるかは全くわからない。
それよりも今の戦力の中から適任者を選んで育てることの方が確実である。
伊東輝悦のような選手は、どんな監督でも必ず必要とする選手だ。
攻撃的な選手のように、好みで選別されるようなことは少ない。
選手生活を考えても、テルのようなヴォランチにコンバートするのは得なのかもしれない。
確かに岡崎はサテライトで得点という結果を残している。
そんな彼をコンバートするのは、本人にとって納得がいかないかもしれない。
FWとしての能力を否定しているわけではない。
ただそこで勝負するよりも、もっと可能性を秘めた能力を有しているかもしれない。
コンバートされてブレイクする選手はいくらでもいる。
選手の能力を、今までの指導者が見抜けない、またはチーム事情で埋没させることがあるが、
総合的に考えてもきっと岡崎ならこのポジションで大成することが出来るはずだ。
試す価値は充分にあると思う。

P.S
川崎F戦でのテルのセンターバック起用は、試合中のオプションとしては可能だと思う。
さすがに奇策だと感じるかもしれないが、能力の高い選手はこういう例は良くあることだ。
今までも攻撃的MFがヴォランチそしてセンターバックにコンバートされた選手は多い。
わかりやすい選手では、ドイツのローター・マテウス
スペインのフェルナンド・イエロとかスイスのチリアコ・スフォルツァなんかもいたな。
清水で言えば、大榎克己がそう。
伊東輝悦は、清水の伝説的プレーヤーの1人に近付いてきたな

[PR]
by neo_no14 | 2006-04-30 12:25 | 清水S-Pulse

狙った引き分けの価値

この試合を引き分けようと考えた長谷川健太監督の判断に間違いはなかった。
そして、それを達成した選手たちも見事。
先制して、同点・逆転されてから追い付いての引き分けは、結果として文句はない。
残念ながら、等々力に行ったわけでもないし、テレビ観戦したわけでもないので、
試合内容は清水オフィシャルの試合速報でしか確認できなかったから、
内容については何も語ることはできない。
しかし、引き分けを狙って引き分けられるのは、本当に力がある証拠。
この引き分けは、勝ち点1以上に価値のある引き分けだったと思う。

[PR]
by neo_no14 | 2006-04-29 23:59 | 清水S-Pulse

引き分けろ

冷静に状況を分析して出た結論は、川崎F戦は引き分けろ!
負けはもちろん許されないが、勝つには犠牲が大きい。
ガチンコで勝てる相手ではなく、川崎Fに勝つための戦術を取らなくてはならない。
先週の浦和戦のように…
今シーズン、まだ引き分けがない。(ナビスコを除く)
今までの負け試合は勝てたし、最悪でも引き分けに持ち込めた。
それが出来ないのであれば、川崎F戦では引き分けを狙って達成すべきだ。

”引き分けでいい”のではない。
”引き分けなくてはならない”のだ。


この意識の差は、全く違う。
狙い通りのゲームプランで狙い通りの結果を得る。
”~でいい”などという意識は、結果オーライの考えだから強い意思を感じられない。
強い意志のないチームは、そんな相手にも絶対に勝つことは出来ない。
まして、現在2位の川崎Fには到底…
勝ちに行くことにこだわれば、また自分達のサッカーを崩すことになる。
そうなるくらいなら、今一度初心に戻り、守備を立て直した方が良い。
まず失点しなければ絶対に負けないということを肝に銘じ、
リーグ随一と言われる川崎Fの攻撃陣を止めてやろう。
そして、きっちり引き分ける。
僕は、連戦の影響、対戦相手の戦力分析などから冷静に考えて、それでいいと思った。
[PR]
by neo_no14 | 2006-04-28 23:59 | 清水S-Pulse

せっかく書いたのに…

本日のブログが送信ボタンを押したのに反映されなかったよ…
書き直す気力もないよ…

バルセロナ、勝ってくれたよ。
14年振りの欧州制覇、頼むぜ。
日本で待ってるよ。
ってか、パリ行こうかな(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2006-04-27 23:35 | Futebol

何してんの?

なぜベストメンバーで戦わせたの?

なぜ1軍半の新潟に負けるの?

せっかく浦和に勝ったというのに、恥さらしだよ。

あの試合は勝ちにこだわってチームコンセプトを捨ててまで勝ちに行ったのに…

「この流れを止めてはいけない。」 by 長谷川健太

逆に流れが悪くなるんじゃないかと心配でしょうがないよ…

土曜日の川崎F戦で体の重い選手がいたら、監督の責任だぞ。

だから、ニューヒーロー賞対象選手でエエよって言うたやろが…

ベストメンバーで負けるのと、若手で負けるのでは全く意味が違うからな。

覚えておけよ。

ホンマに選手起用のわからん監督だよ…

[PR]
by neo_no14 | 2006-04-26 21:56 | 清水S-Pulse

ニューヒーロー賞対象選手でエエよ

ナビスコカップは、チームの底上げに使ってくれていいですよ、健太監督。
浦和に勝ったけど、川崎に負けましたってのは、勘弁してね。
怪我人、病人、疲れの溜まっている選手は休ませてやりましょうよ。
大事なのは、リーグ戦だよ。
ナビスコは若手に任せてみようよ。

平岡をまた使ったっていいよ。 和道の代わりは、岩下でいい。
左は和田でしょ。 右は…(笑)
浩太に康平、太田に純平。
FWは岡崎と財津。
こりゃ、まさにサテライトだな(笑)
でも、いいんじゃないの。

明日は仕事で日本平には行けないけど、このチームなら無理してでも行こうかな(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2006-04-25 23:10 | 清水S-Pulse

”巧”はそっちか?(笑)

○べっちFCでの堀池巧の好評なコーナー”今週の巧”。
たぶん清水から出るだろうと思っていたが、チョ・ジェジンの得点と来たか…

いやー、正直言ってコメントも含めて納得できませんね(笑)
全然説得力ないもんな。

個人的には、1点目の淳吾の素早いリスタート、
兵働の絶妙なダイレクトスルーパス、
更にDFがプレスしづらいコースにドリブルしたマルキーニョス。
この一連の流れが”巧”だったんじゃないの?

兵働から放たれたジェジンへのクロスは確かに素晴らしいし、
DFのマークを外したジェジンの動きも素晴らしかったけど、
兵働は下を見ているのに、動き出しのタイミングやらコースがわかる?
それが”共通意識”? とてもそうは思えないなぁ…
そんな練習してるの?
最近は練習を見る機会がなかったから、真実は分からないけど。

そんな不確定要素の大きな得点シーンより、
相手の隙を突いて、3人が仕掛けたシーンの方がよっぽど”共通意識”があったんじゃないの?
得点にケチをつけてるわけではないですよ。
ジェジンの得点は、見事だったわけですからね。

でも、本当に素晴らしいプレーを紹介してくださいよ、巧さん(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2006-04-24 23:36 | 清水S-Pulse

2006 Jリーグ 第8節 清水エスパルスvs浦和レッズ

いつも書いてる試合レビューは時間が掛かるので、箇条書きでポイントチェック。

・前半と後半で、全く別の試合になってしまった。
・前半の攻防は、互角というより決定的チャンスで言えば清水の方が上だった。
・藤本淳吾の早いリスタートが浦和の隙や混乱を生み出した。
・それに素早く反応する兵働昭弘、マルキーニョスの動きがあったのが良かった。
・すなわち、”藤本淳吾”にチームが順応してきたことを意味する。
・スタメンの中盤は、本当に素晴らしかった。
・兵働が天皇杯決勝のリベンジを誓い、ドリブル、パス、守備に貢献した。
・マルキーニョスへのアシストは、絶品ものだった。
・枝村匠馬の飛び出しは、速攻ではほとんど顔を出していて見事だった。
・伊東輝悦の中盤でのカバーリングは、凄いを通り越して恐ろしかった。
・チョ・ジェジンの得点シーンで詰めているテルにはビックリ(笑)
・高木和道がヘディングを前に飛ばしてくれたのが、非常に大きかった(笑)
・市川大祐は、ポンテ・アレックス・長谷部に遊ばれてしまった。
・青山直晃の出来は悪かった。まだ万全ではないのだろうか…
・青山のフィードミスは、痛過ぎ(笑)
・主審家本政明のジャッジにより浦和が荒れてしまったことが、清水を有利にした。
・後半は浦和の猛攻撃が凄かったが、清水はなりふり構わず耐えた。
・できれば、カウンターの場面でFWが判断良く枝村を使っていれば追加点も…
・浦和は臨機応変にポジションチェンジ、システムチェンジをする非常に優れたチームだった。
・バックライン、ヴォランチがどう組み合わさっても、ハイレベルだった。
・長谷部の長い距離のドリブルは、日本の武器になれそうだ。選んどけ。
・正直、闘莉王くんが後半からヴォランチに入っても怖さはなかったよ。
・ゴール前でのヘディングは
・浦和の捨て身の攻撃を意図する選手交代は怖かった。
・淳吾→杉山浩太の交代の意図は何?
・闘莉王くん番に斉藤俊秀、岡野番に和田拓三。分からなくもないが、ちょっと対応が遅いよ。
・主審家本は、ゲームをコントロールできなかった。酷かったよ。
・レッズ相手に2得点も、1失点も素晴らしい。
・更なる自信を付けて、清水は5位以内ではなく3位以内を狙えるチーム。優勝はまだまだだね。


時間が許す限り、記憶を辿って書いてみました。
んん?アレックスはどうしたかって?
あえて、無視しました(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2006-04-23 15:12 | 清水S-Pulse

清水は”無敗ストッパー”になるかも

まぁ、都合の良いように言ってますが、
天皇杯で去年の夏以降負けなしのセレッソ大阪に勝ち、
今節ではここのところ公式戦17戦負けていない浦和に土を付けた清水。
審判のことは、目をつぶっても勝ったことには変わりない。
”無敗ストッパー”になりつつあるかな?
でも、ここ数年は調子の悪いチームの”連敗ストッパー”だった気もするけどね(笑)
まぁ、勝てばそんなことも笑って済ませることができるさ。
ワールドカップ中断前まで、この調子で勝ち続けてほしいところだ。
連勝したら連敗して、星の数を戻すのはもう結構ですからね(笑)

[PR]
by neo_no14 | 2006-04-22 23:59 | 清水S-Pulse

浦和に勝つぞ!

”NHKが清水戦で三都主カメラ”
完全にナメられましたね。清水ホームの試合で、元清水のアレックス専用のカメラを設置するとはそういうことなのかわかっているのかな?マイクなんて置いてみな。醜い罵声しか入らないようになるぞ(笑)放送できなくなるかもな(笑)ただでさえ、清水の裏切り者のアレックスだというのに、この扱いで更に清水サポーターを逆撫でするようなことをメディア側は控えていただきたいところだよ。しかも、視聴者側でカメラのスイッチングをするならいいけど、こういうのって試合全体が見られなくなるから放送自体も良くないんだよね…まぁ、こういう特設カメラを設置されて活躍した選手ってのは、記憶にないからいいけどね(笑)これもいわゆる”呪い”の一種か?(笑)

まぁナメられていることには変わりないから、このカメラに映るのは哀れな姿でロクでもない守備に奔走するアレックスにしてやらないといけませんな。そのためにも、清水の右サイドからいかに仕掛けるかが最大の争点になる。この際、逆サイドは捨てましょう(笑)山西サイドから崩されての失点は、目をつぶることにしよう。右サイドは、まず兵働昭弘がボールをキープすることが前提。そこに枝村匠馬が裏のスペースに飛び込み、伊東輝悦も中央よりも右寄りにポジションを取ってバックアップ態勢を作る。当然センターバックが中盤のバランスを崩さないようにフォローすることで、ディフェンスラインも高く保つことになる。エメルソンや田中達也のようなスピード系のFWがいないんだから、全然問題ない。森岡隆三がオーバーラップを仕掛けてもいいが、カウンターを喰らった時にアレックスにそのスペースを使われるのは癪に障る(しゃくにさわる)ので、あまり上がらなくてもいい。個人的には玉砕覚悟で前に出て行くほうが面白いと思うが…それからFWのチョ・ジェジンも”浦和の穴”である坪井の動きを抑えるために右寄りに位置するようにして、サテライト(衛星)のマルキーニョスもそれに呼応して、中央から右気味で動く。ノボリが番組を盛り上げるためだけに名付けた”マルキ・ゾーン”ってとこでの仕事ですな(笑)

こんなに人数を掛けてはスペースがなくなるだけじゃないのか?って言われそうだが、今の清水のダイレクトパスは充分に通用するから、心配することはないでしょう。こうなれば坪井とアレックスは対応しきれないから、あとは浦和の最大のキーマンである鈴木啓太をどうするかだな。浦和の圧倒的な攻撃力を支えているのは、中盤での早い潰し、セットプレーや後半になるとアホみたいに上がりたがる闘莉王くんのお尻を拭きまくっている赤い背番号13番鈴木啓太なのだ。この選手は清水出身だからエスパルス戦以外では活躍を祈っているけど、この試合で活躍されては困る。そこで清水は、藤本淳吾に仕事をさせればいい。大分戦のように逆サイドの右まで遊びに行くのも良いが、常に啓太の視野にギリギリ入る微妙な位置にポジションを取り、ミドルシュートを何本か撃っておこう。そうすれば、啓太は淳吾を意識しなくてはならないので、”アレックス”サイドの守備のフォローがしにくくなるからね。闘莉王くんは相手にしないことが一番良い(笑)ドリブルで仕掛ければ厳しくプレスをするから、常に2人で勝負をしてパス交換でプレスを掛けにくい状況を作ること。無理に仕掛ける必要なんてない。”遊んであげれば”いいのさ。3バックの右に入る堀之内聖はセットプレーでの得点力は怖いけど、フリーで攻撃させてもそれほど脅威ではない。とにかく清水の右サイドを中心に攻めるべし!

まぁ、健太がこのくらい思い切った作戦をとらないと思うけど、これなら絶対に勝つよ。
[PR]
by neo_no14 | 2006-04-21 23:59 | 清水S-Pulse


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧