<   2007年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

アジアカップ2007 GL第2戦 対UAE

この試合でマンオブザマッチになった遠藤保仁の動きの良と質が非常に良くなったと感じた。
元々、的確なポジショニングでゲームメイクするタイプで、
あまり動かずにゲームをクリエイトする選手。
技術が非常に高く、イージーミスが少なく、また確率の低い選択をすることも少ない。
よく、勝負をしていないなどと批判されることもあるが、僕は遠藤への評価は非常に高い。
オシム監督は、決して彼をヴォランチで起用しない。
本当の理由はオシムしかわからないが、僕の推測では、
”もっと勝負すること””もっと運動量を増やすこと””周りの選手の能力を引き出すこと”を求めているのではないかと感じている。
遠藤は、技術があるのでドリブルも上手いが、普段長いドリブルで勝負することはあまりない。
彼のドリブルの特徴は、ワンタッチ目(トラップの場合が多い)で相手を出し抜くようなドリブルで、
対峙する人を抜くことよりも、パスコースを作るためのドリブルが多い。
ドリブルの後の選択肢は、シュートではなくパスを出すことになる。
そんな彼が明らかに人を抜くドリブルを仕掛けるようになっていたことに驚いた。
また、ヴォランチでゲームをオーガナイズする役割の中村憲剛の魅力でもある縦パスからのウン・ドイシュもいつもよりも引き出していたように感じた。
サイドに張り出しても縦に勝負するよりも中に勝負して、後ろからのオーバーラップも引き出していたし、ヴォランチが上がったあとのフォローにも入ったり、FWの近くでプレーする機会も増えていた。
中村俊輔がシンプルにボールを出すようになり、また自ら動いてスペースメイクもしていることも、
中盤の流動性を生み出す大きな要素になっていると思う。
少しずつではあるが、オシムの理想と思われる形に近付いた試合だったと思われる。

それにしても、失点はいただけない。
3-0で完封する試合運びをしなくてはならない。
カタール戦の余計なファウル、壁の作り方の甘さからの失点で、勝点2が消えたわけだが、
既に勝敗が決していたかもしれない中でも、いかに集中して失点しないようにしなくてはならない。
環境的に90分間集中し続けることは、難しいことは確か。
ただ、流れの中で危険と察した時、個人だけでなくチームとして対応できるようにならないと、
決勝トーナメントに入ってからの戦いが厳しくなるだろう。

要らない教訓をもらったが、これで更に気を引き締めていかなければ、意味がない。
まだまだチームとして完成していないし、伸びしろが充分にある。
次も良い内容で勝って、1位通過してもらいたい。

P.S
リアルタイムで書き溜めていたものなのです。
ご了承ください。
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-31 00:00 | 日本代表

アジアカップ2007 GL第1戦 対カタール

今更遅いけど、書きためていたものをアップしようっと。

カタールのガチガチに引いた守りには、正直驚き、そして落胆した。
フットボールに限らずスポーツにおいて、対戦型の試合を行うということは、
自分たちだけでなく、相手の調子や戦術によって、良い内容にも悪い内容にもなる。
ボールが動いても人が動いても、あまり配置が崩れず、ルーズなマークをされてしまうと、
なかなか成す術もないような状態になってしまう。
カタールは、高温多湿で更に状態の悪いピッチを考えてなのかわからないが、
前半は明らかに動くことを捨てていた。
日本がもっとミドルシュートを放ち、しかも精度が高ければ、
ある程度警戒して動いてきたかもしれないが、
チャンスはあれど、精度も悪いは、パスで逃げてしまうはで、
敵のゲームプランに乗ってしまった感がある。

後半は、カタールも動きを見せることで、逆に日本のチャンスも増えていったが、
ゴールネットを揺らすことは1度しかなかった。
中村憲剛から出されたスルーパスは、敵も味方も幻惑するパスになった。
山岸智も今野泰幸もお見合いしてしまう微妙なパスで、
その中途半端加減でディフェンスの対応が遅れたため、今野が先に触れることができた。
今野がギリギリで触るために右アウトでクロスを送ると、
高原直泰の予想よりもマイナスにボールが来たが、
見事なボディコントロールでボールをゴール方向に当ててのシュートとした。
個々の技術も一連の流れも素晴らしいゴールだった。
ただ、ここから畳み込めなかったのが、非常に痛かった。

実力の差は充分にあったのだから、もっとリスクを犯したチャレンジをすべきだった。
悪条件、大会の初戦ということで、慎重にならざるを得ないことはわからなくもない。
それでもこの程度のことを打開できないようでは、先が思いやられる。
相手は、アジアチャンピオンの日本を相手に引き分けという結果で充分だった。
これからの対戦相手もその考え方に近いと思われる。
UAE戦もベトナム戦も厳しい戦いになると思うが、勝ち点6を奪わないといけない。

僕の考えだが、なぜ中村俊輔・遠藤保仁・中村憲剛を同時起用するのだろうか。
パサータイプを3人も入れることよりも、最初から羽生直剛や水野晃樹などのアタッカーを入れて、
サイドを崩したり、相手の守備をかく乱するような戦い方を選択すべきだったのではなかろうか。
まだまだ、この3人がパスの受け手としての働きは少ない。
オシム監督の理想としては、彼らのようなスキルフルな選手が運動量を増やして、
パスの出し手にも受け手にもなることを望んでいるのかもしれない。
確かに、羽生にゲームメイクを任せて、パスの出し手になることを望むよりは、
その方がいいような気もする。
ただ、この大会でチームとして勝ち点を犠牲にしてまで、理想を求めるのは難しいと思う。
そりゃ、僕だって、この3人が奏でるハーモニーってのを見たいとは思っている。
でも、そのためには、従順なハードワーカーが何人も必要になってくることも言える。
鈴木啓太に今以上のハードワークを求めるのは、酷でしかない。
そうなると、両サイド、3トップ気味の後ろ2枚の役割が重要になる。
もちろん、3人のコンダクターにも意識改革をしてもらい、
もっと動きの質と量を上げてもらわなくてはならない。

ここからどのように日本代表が進化を遂げていくのかが見物だ。
まだまだ強くなっていく可能性を秘めていることは、間違いない。
この大会を勝ち上がっていくことで、内容も結果も期待できるチームになっていってほしい。
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-30 00:00 | 日本代表

メガネ、メガネ

今月はかなり金銭的にピンチだったが、仕事用のメガネを買った。
花粉症になって以来、どの季節でもあまりコンタクトをしなくなったため、
仕事でもプライベートでもメガネをするようにしている。
僕は、プライベートで使っているメガネを、仕事で使いたくない。
デザイン的なこともあるが、ちょっとでも真面目そうに見えるメガネの方がいいと思っているからだ。
”フレームはない”、もしくは”細い”、そして”金属”が絶対に好印象を持たれる。
もう随分同じ場所で作業しているから、今更印象なんてものを気にする必要もないが、
全然関わったことのない人もたくさんいるわけで、そういう人を騙す(?)には都合の良いアイテムだ(笑)

先週の土曜日は相方が仕事だったので、久しぶりに単独で買い物に出掛けた。
次の日に閉館して、109にリニューアルするFive-Jに入っているメガネ店に向かった。
天気も悪かったのと、開店してすぐに来たからか、あまり人の出はないように思えた。
閉店セールだから、他の店は大混雑してるのかと予想していたが、そうでもなかった。
メガネ店では、仕事用のメガネだけを買う予定だったが、
ちょっと気に入ったフレームを見つけてしまったので、2本購入することにした。
一応、今現在のメガネの度数で問題はないのだが、調べてもらうことにした。
時間を割いたけれど、度数は全く同じだった。
在庫のレンズがあったから良かったが、なかったらどうなるのかと思ったが、
どうやら場所を移転して営業することは決定しているみたいだった。(時期は未定らしい)
新しくできる109の中にも出店するらしく、そちらは10月初旬くらいのオープンらしい。
値段は、2本で18,000円弱。
仕事用のメガネのレンズは薄型にしたので、追加料金を取られたが、
1本7,875円(税込)は安い。
しかも閉店セールで、10%引だったから、ラッキーだった。

メガネが出来上がるまでは、他のデパートで洋服でも見ようと思って行ってみたが、
なんか妙に高いよね、最近の服は…
Tシャツでも5千円以上するものが普通に売られているし、半袖のシャツでも1万円くらい…
工場で大量生産しているようなものがこんなに高いとなるとねぇ…
結局服は何にも買わず、旧ソニプラで気になるグッズを買い、本屋で何冊か本を買って終了。

こう言っちゃなんだけど、買い物は1人で行く方が楽でいいよなぁ(笑)
別に相方と一緒でも苦ではないけど、やっぱり僕は勝手気ままにしてるほうがいい。
ただ食事だけが問題で、ファーストフード以外はなかなか入りにくい。
海外だと、全然気にしないんだけど、日本ではどうも苦手(笑)
なんか大手のファーストフードチェーンには屈したくないという、訳の分からない意地もあったから、
この日はデパ地下でパンと惣菜を買って、結局家まで戻ってから食べる始末(PM3:00近く)

相方が仕事が終わってから、買ったメガネを見せながら”1人は楽”発言をすると、
かんなりお怒りのご様子(笑)
でも、食事のことを言ったら、”やっぱり(あたしが)必要なんでしょ”って具合に機嫌が直った(笑)
ここで、「そうでもないよ」なんて言ったら、大揉めになりそうなので、そっと心にしまうことにした(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-29 22:28 | Life

決戦の地

大学からのサッカー仲間のフットサルのお誘い。
何が何でも外せませんな。

決戦の地は、フットサルクラブ横浜

そういえば、みんなと会うのは、前回ここでやった時以来じゃないかな。
下手すると2年振りかも。

みんなと楽しんでボールを蹴ろうっと。
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-28 01:01 | Futsal

本田拓也 清水入団内定

大学No.1ヴォランチと呼ばれる本田拓也。
清水に決めてくれて、人間として好きになりました。

さて、彼をどう起用しましょう?
現状では、ポジションないです。
テルの後継者っていうことを言う人がいますが、プレースタイルが違い過ぎますね。
誰に似てるかって言えば、元清水の戸田和幸でしょ。
当たりはハードで、展開力あり。
まさに、戸田でしょ。
彼よりは、カードをもらわないと思いますが(笑)

テルの後継者は、誰が何と言おうと岡崎慎司でしょ。
ご不満はあるだろうけど、一番可能性あるけどなぁ…
理由は去年こんな感じで書きましたので、見てください。
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-27 00:36 | 清水S-Pulse

アジアカップ2007 準決勝敗退

負けた…

ショックだわ…
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-26 00:00 | 日本代表

日本代表勝利への願掛けの買い物にて

日本代表に勝ってもらうために、願掛けで仕事の帰りにスーパーに立ち寄って、
カ○ビーのポテトチップBIGBAGを買おうとしていたら、
なんとサンちゃんに出くわしちゃいました!
サンちゃんと言えば、清水で選手としてもコーチとしても在籍した、あのサントスさんですね。

独学ながら、ちょっとだけポルトガル語を勉強している僕は、簡単な会話でもしようと思ったけど、
最近スペイン人の友達のビセンテとしゃべるために、ちょっとスペイン語を勉強したら、
すっかりごっちゃになってしまい、言葉に詰まってしまい、声を掛けることができませんでした…

ちょっと残念だったけど、なんだか日本代表がサウジアラビアに勝てる気がしました(笑)
全然関係ないんだけどね(笑)

勝て~ 日本!!
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-25 22:00 | 日本代表

U-22日本代表候補 神戸合宿(7/27~/29)メンバー

U-22日本代表候補 神戸合宿(7/27~/29)メンバー

GK:
松井謙弥(磐田)
西川周作(大分)
林彰洋(流通経済大)
DF:
千葉和彦(新潟)
河本裕之(神戸)
水本裕貴(千葉)
田中裕介(横浜FM)
細貝萌(浦和)
小林祐三(柏)
青山直晃(清水)
安田理大(G大阪)
内田篤人(鹿島)
槙野智章(広島)
MF:
本田拓也(法政大)
菅沼実(柏)
増田誓志(鹿島)
梶山陽平(FC東京)
青山敏弘(広島)
上田康太(磐田)
家長昭博(G大阪)
本田圭佑(名古屋)
高柳一誠(広島)
枝村匠馬(清水)
梅崎司(大分)
柏木陽介(広島)
FW:
平山相太(FC東京)
カレン・ロバート(磐田)
李忠成(柏)
岡崎慎司(清水)


ここからが本格的に2世代が融合した北京五輪代表がスタートする。
U-20ワールドカップ出場メンバーからは、6選手が候補となった。
平山よりも動ける長身FWの森島康仁も選ばれるかと思ったが、
今回は選ばれていない。
岡崎の選出は、今までにいないタイプということで非常に面白い。
まだ候補だが、期待したいと思う。
そして、清水と代表の経験を糧に、より一層成長して欲しい。


そういえば、U-20ワールドカップのことは、全然書いてなかった…
時間があって、ネタがなくなったら、書こうかな(笑)
アジアカップのことも全然書いてないしなぁ…
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-24 22:56 | 日本代表

気分だけでも

この辺りでアイスランド旅行を計画していたけれど行かなかったので、
せめて気分だけでも、ってことでここのデザインをリニューアル(笑)
お金がないんだから、仕方がないよなぁ…

もうちょっとで梅雨も明けそうな感じ。
でも、日本の夏は湿度が高いから、好きにはなれないんだよなぁ…
静岡より蒸し暑い京都で初めての夏を過ごすことになるアミーゴ、ビセンテ
本人も心配してたけど、きっとやられるんだろうなぁ(笑)

富士登山が終わり、すっかり週末にトレーニングする気がなくなった脂肪満載の僕(笑)
まぁ、一応平日に強制的にトレーニングする時間ができたから、いいんだけど。
そんな状態になりかけていたところで、今日ビセンテからメールが。
「8月か9月に立山を一緒に登りましょう。」
いいねぇ(笑)
どうやら、ビセンテの奥さんのアヤカさんが富士登山で山登りに目覚めたようで、
他の山にも登りたくなっているらしい。
うんうん、わかるよぉ、その気持ち(笑)
ああ、予定が合えば、是非ともまた一緒に登りたいねぇ。

ところで、立山に登るとなると、関西出発と静岡出発では、現地集合っぽいよなぁ。
たぶん、室堂から登山になるとおもうんだけど。
僕らは長野県側から向かう方が近いだろうし、
関西方面からは、富山県側から向かう方が近いだろうからなぁ…
うん、これはまたちゃんと計画立てなきゃならないかも(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-23 18:00 | Travel

川口能活  神?それとも…

川口能活
昔からPK戦には滅法強く、何故かアジアカップでもスーパーセーブをみせる日本の守護神。

今回のPK戦で能活の表情は、今までとは違う余裕というか自信が見られた。
昔はもっと気合いが前面に出ていたり、トランス状態のようになっていたりと、
止める雰囲気より止めてやるって雰囲気が強く感じられたけれど、
なんか軽くあしらってしまったって感じさえした。
前回のアジアカップ2004準々決勝ヨルダン戦のような神がかり的なPKストップでなく、
ちょっと仙人のような感じって言うのが近い気がした。
まぁ、決められてるPKは、逆を突かれてるんだけど(笑)

高校時代の宿敵であり、今でも宿敵磐田に所属するが、
日本代表になれば、話は別。
お前が代表にいてくれて、本当に良かったよ。

ちょっと気になったのは、佐藤寿人の喜び方。
PK1本1本でベンチに向かって喜びを表現する姿は、
アジアカップ2004準々決勝のPK戦で序盤に優位に立ったヨルダンの選手のようだった。
彼らは、日本が2本連続で失敗した段階で、勝ちを確信しただろう。
そして、油断を生んだのだと思う。
嬉しいのはわかる。
でも、勝負が決してから、ベンチの選手やスタッフと喜びを分かち合えばいい。
最後まで諦めずに闘う姿勢を見せるのが寿人のプレースタイルだと思うから、
こういう場面でも気を引き締めておいてほしい。

P.S
久しぶりのフットボールネタ(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2007-07-22 10:57 | 日本代表


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧