<   2007年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

大晦日に想う

今年も今日1日で終わり。
実感は全然ない。
一応、大掃除をしたかなって程度(笑)
でも、自分の部屋は掃除しきれていない(笑)
っていうか、色々と配置換えとか考えていて、なかなか進められなかった…

それにしても、歌やら格闘技やらと、僕には興味のないテレビ番組ばかりの大晦日。
”ダウンタウンのガキの使いやあれへんで”だけを楽しみにしている(笑)
BS-i でやっている”四万十川・究極の体感飛行”は、なかなかおもしろいんだけど。

今月は時間があった割に、何にもできなかった感じがする。
早々から京都に行って、思い描いていたリズムが狂ったって感じかな(笑)
来年はビシッとやっていこう(笑)
先月末から年末まで食べ過ぎた感があるので、しっかり食事制限もして、
運動不足も解消しないとな。

2008年は、自分にとっては勝負の年。
頑張るしかないな。
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-31 20:03 | Life

今年最後のイベント

昨日は相方の誕生日。
自分の誕生日をしっかり祝ってもらったので、僕もきちんとお祝いをした。

誕生日は、プリンセスの言いなり(笑)
プリンセスのリクエストで久し振りにビリヤードをやって、存分に楽しんだ。
僕は、メガネの影響もあったけど、終始ズレがあり、全然ダメ…
プリンセスは、ミラクルを連発して、バンバンポケットに落としていった…
自分がこんなに下手なのは、過去10年で記憶にない。
プリンセスがこんなに上手いのは、過去10年で記憶にない(笑)
まぁ、誕生日だから、ラッキーデーだったんだろうな(笑)
美味しい食事もいただいたし、プレゼントもバッチリ。

でも、プリンセスは昨日で終わり。
シンデレラって言った方がいいのかな(笑)

それにしても、ちょっと驚きの展開になってきた。
まさかこんなことになっていくとはね(笑)
まだまだ時間が必要だし、すり合わせが必要だな。
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-30 01:47 | Life

選手獲得の意図と起用法

2007年シーズンを振り返って、選手獲得の意図と起用法について考えた。

西澤明訓獲得は、監督の要望ではなかったのだろうか。
西澤という稀代のポストプレーヤーを獲得した時点で、縦関係の2トップの形をチームに根付かせなくてはならなかったのだと思うが、それができなかった、やらなかったのは監督の手腕に因るものではなかろうかと僕は考える。

監督が一貫したスタイルを追求しているのであれば、特にガタガタ言うつもりはないが、昨年見事に機能した中盤の構成を変更していることを踏まえれば、攻撃のヴァリエーションを増やす意味でも、FWの形・コンビネーションの確立は監督自らが課した仕事だったと思う。

まだ年齢的に若く、能力的にも可能性を秘めた選手に、プレーの幅を広げるつもりで別のプレースタイルを要求するのであれば、その選手にとってもいいのかもしれないが、移籍金0で獲得ができたベテランに対して自身のプレースタイルにはない部分を求めるのは、非常に酷な話だと感じる。

選手は監督の求めるプレーをしなくてはならない。それは当然のことではある。
しかし、監督が要望しておきながら、自分の考えている戦術にマッチしない選手を獲得するのはおかしくないだろうか。
マッチしないのであれば、戦術のオプションとして、その選手が一番輝ける戦術を用意するのではないのだろうか。
あくまで、オプションとしての形でいいのだ。

西澤は、1トップもしくは縦関係の2トップなら、絶対に活躍することができる。
それがわかっていながら、彼を生かす形を作らないのが問題である。
今のFWの構成では、西澤が点を取れないのは仕方がないと言える。

動きが悪いように見えたのも当然のことだと思う。
でも、それは昔からあまり変わっていない彼のスタイルである。
フランス代表のトレゼゲが所属クラブのユベントスで得点を重ね、代表では点を取れない理由が、プレーエリアの違いにあると本人が言っていたが、これは言い訳でもなんでもなく、事実なのだと思う。
トレゼゲですら求められる役割によって結果を出せないのだから、西澤が結果を出せないのは当たり前だと言える。
少なくともセレッソ大阪では、西澤に合うスタイルだったから結果も残せていた。

期待していただけに結果を残せなかった西澤には、批判的な意見が多いが、
僕は仕方がないと思っていた。
個を生かすための戦術がないのだから…
これは、西澤に限ったことではない。
他の選手も同じことが言える。

2年間で、チームのベースは出来上がっていた。
だから、ここから進化させていくことは間違いではなかった。
だが、進化させるのは、FWの陣形、得点パターンだったのではないだろうか。
機能していた中盤を変更する必要があったのだろうか。

シーズン当初から進化に着手したのは、中盤だった。
もしかしたら、その後にFWの進化を狙っていたのかもしれない。
しかし、中盤の構成変更がなかなかフィットしなかったことが影響して、FWに手が回らなかったのかもしれない。
そうだったかもしれないが、今季の中盤と昨季の中盤を比較しても明らかに昨季の中盤の方が機能していることからも、マイナーチェンジをすべきはFWの構成にあったのではないかと考えられる。

僕は、西澤を獲得した時点で、縦関係の2トップを想像していた。
でも、シーズンを通して、横関係の2トップがほとんどで、
あっても変則的な1トップ2シャドーだったり、試合終盤のパワープレーしか形がなかった。
それも機能していたかどうか疑問が残っているのだが…

ディフェンス・中盤のレギュラーの移籍は、今のところない。
今年1年で再構築した形は、そのままで構わない。
しかし、FWに関しては、チョ・ジェジンの移籍は決定的。
チームで一番起用されたFWが抜けるわけだから、FWを考え直さなくてはならない。
FWだけに絞ってもいいくらいだ。

僕は、補強しなくてはならないとは一概には言えないと思う。
だけど、補強するなら、しっかりと戦術・起用法を考えての獲得を目指してほしい。
良い選手は、たくさんいる。
清水にフィットする選手、清水を変えられる選手は、そんなにいるかわからない。
それを探し出さなくてはならないのが、非常に厳しく難しいことだが、やらなくてはならない。
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-29 12:06 | 清水S-Pulse

本当に補強すべきは…

20点以上獲れるFW。
カルチョに詳しい友人は、健太監督のこの要望に 「無茶を言ってるなぁ。」、と笑っていた。
その通りだろう。
そんなに簡単に20点獲ることなんてできるものではない。
現に2006年シーズンで、20点以上獲った選手は2人しかいない。
川崎のジュニーニョとガンバ大阪のバレーのみ。
彼らを引き抜くためには、どれだけの資金が必要となるのだろうか…

清水には、潤沢な資金などない。
とてもじゃないが、ビッグネームを移籍させることはできない。
では、どのように補強を考えるか。
移籍金の不要なベテラン選手をピックアップするか、
高卒・大卒のスーパールーキーを獲得するか。
お金を使わずに選手を獲得するには、そういう方法しかない。

では、外国人選手を獲得すればいいのか。
僕はあまりそういう考えにはならない。
ブラジルや韓国の選手は、その国の物価などを考慮したら、法外な金額を要求してくる。
懸命にプレーする選手もいるが、何かと理由を付けてまともにプレーせずに金だけ持って行く選手も多い。
そういう外れくじを引いてしまう可能性があるなら、外国人は必要ない。

ただ、果たして選手を本当に補強しなくてはならないのだろうか。
補強しなければ、得点力アップにつながらないのだろうか。
僕の答えは、断然NO!
清水の現戦力でも、充分に得点を奪うことは可能だ。

じゃあ、なぜ今シーズンは得点が少なかったのか。
それは戦術以外の何物でもないだろう。
一体どんな得点パターンが構築されていたのだろうか。
得点を奪うべき選手のために、どうやって得点を獲らせてようとしていたのだろうか。
2トップのコンビネーションは? 2トップの位置関係は?
個人能力よりも注目すべきは、攻撃の組織力だったのではないのだろうか。

もっと詳しくは、また後日に。





最後に
やはり僕は指揮官の手腕に疑問を感じる。
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-28 23:59 | 清水S-Pulse

圭輔が…、浩太が…、康平が…

ある程度予想できていたが、太田圭輔が柏に完全移籍となった。
噂されていた杉山浩太の柏期限付き移籍も決定した。
それから、平松康平が来期の契約を更新しないとのこと。

この3人は、全員清水の下部組織からの生え抜き。
僕は、圭輔も浩太も康平も、全員大好きな選手だ。
彼らに能力がないとは、全く思っていない。
現に圭輔は、柏にレンタル移籍して、見事な活躍をした。
やはり、起用方法、戦術によって、選手は左右されてしまう。
浩太だって、康平だって同じ。

今の清水、健太体制であれば、自分達のために清水にいることが有益にはならない。
選手である以上、試合に出場しなければ意味がない。

これが彼らにとって良い決断だったと言えるよう、移籍先で頑張ってほしい。
そして、僕はこれからも彼らを見守っていきたい。
[PR]
by Neo_no14 | 2007-12-27 18:12 | 清水S-Pulse

サンドウィッチマンって誰?

毎年クリスマス近くの恒例行事となったお笑いの祭典 M-1グランプリ。
決勝進出したコンビ、ネタの順番を見て、トータルテンボスとキングコングが有利で、
笑い飯は残念ながら難しいなぁって思っていた。
正直、今回のM-1が全体のネタ的に一番おもしろくなかったが、
敗者復活からそのままトップ通過、優勝という快挙を巻き起こしたのが、サンドウィッチマン。
敗者復活からの優勝は、大会史上初で、これで救われた感じがした。

それにしても、全然知らなかったなぁ、サンドウィッチマン。
確かにおもしろかった。
いるんだなぁ、こういう逸材が。

できれば、静岡県出身のトータルテンボスが優勝してほしかったなぁ。

M-1の翌日は、まんまとオートバックスに行った。
CMでうるまでるびのカレンダーがもらえるって言ってたからね(笑)
”おしりかじり虫” で有名になったけど、僕は ”ウゴウゴルーガ” で見たアニメが印象にある。
あのシュールさは、大好きですな。
しかも、うるまでるびって、画期的なソフトを作ってるんだよなぁ。
あれは、僕も欲しいや。
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-26 22:46 | お笑い

”この日、日本で一番熱い場所へ” 京都旅行記 1日目

12月5日(水) 曇り
9時頃家を出て、東名静岡インターに向かった。”J1・J2入替戦が見たい” こう思ったのが月曜日で、水曜日に京都、土曜日に広島で入替戦が行われる。広島にはつてがないけれど、京都はある。だから京都での試合は見よう。たぶん誘えば行くであろうYマちゃんにだけ連絡をして、京都の友達に内緒で計画を立てた。相方からの許しを得るために電話で話をするが、何でまた京都に行くのよ、っていうまともなご意見が。「僕は入替戦が見たいのよ。それがたまたま京都だっただけ。」 そう言ってなんとか許しをもらうが、翌週の火曜日に帰ることを伝えると激怒。仕方なく日曜に僕が妥協するが、それも許さない。金曜日に帰ってこい。それが相方の最大譲歩だったようだ。とりあえず、その条件を飲み、1日掛けて許しをもらった。とりあえず、行けるならいい。Yマちゃんに連絡して、西京極で合流することにした。今回は経費節約のため、高速バスで行くことにした。

高速バスに乗り込むと、かなり混んでいた。僕の席の前の人は、後ろに人がいないことをいいことにシートをマックス倒して寝ている。起こすのも悪い気がしたが、僕が座ることができないので、困っていた。荷物をガサガサと置いていると気が付いたらしく、シートを少しだけ戻してくれたが、まだ充分狭い。言うのも嫌だったので、僕も少しだけシートを倒して、さっさと寝ることにした。が、なかなかシートの具合がよろしくないので、眠れなかった。浜名湖・養老と休憩が入り、約5時間で名神大山崎に到着。体が痛いこと、痛いこと…。養老では雨が降っていたし、天気予報では相当寒いと聞いていた。確かに寒い。

高速バスを降りると、ちょうどYマちゃんから電話が。絶妙のタイミングで驚いた。とりあえず近くのコンビニまで行き、向かいのバス停からバスに乗れば、最寄り駅に着くと聞いたので、行ってみるとピッタリのタイミングでバスが到着。僕以外、誰も乗っていないバスは、終点まで誰も乗せずにきてしまった。ここでハプニング。小銭がない。札も一万円しかない。両替ができないのだ。運転手さんは、「今度乗った時に払ってくれればいいです。」 って言ってくれたので、まさかの無料乗り。

歩いてlikebabyfaceさんの家に向かう。実は、毎回京都旅行では泊めていただいているlikebabyfaceさんにも今日ここに来ることを伝えていない。みんなを驚かせてやろうと思っていたが、突然現れて泊めてくれって言うのは非常識。かなりドキドキしながら行ってみると、最初にお母さんに会ってしまった。「あら?」 驚いているお母さんに、「すいません。また来ちゃいました。今晩泊めてください。」 お願いする僕にあっさりと、「どうぞ。」 相変わらず、オープンな家庭だ。僕らのやりとりに、上にいたlikebabyfaceさんとuwasanouwasaさんがざわめく。「あれ?Neoさんの声がしない?なんで?」 そりゃ、「なんで?」って思うよね。入替戦があるから来ちゃいました、って言うと驚きつつも普通に受け入れてくれた。毎度ながらホンマに感謝している。

小1時間くらい話をして、西京極へ1人で向かった。西京極には17時半くらいに着いた。まだそんなにお客さんが来ていない。平日だから仕方ないか。チケットはYマちゃんが持っているので、まだスタジアムには入れない。西京極にはお気に入りの豆腐屋があるので、そこまで行くことにした。さすがに豆腐を買うわけにはいかないので、豆乳白玉を購入。試合観戦中に、食べられる揚げたての油揚げと湯葉巻きを購入。お揚げさんには僕の大好きな塩ぽんずもサービスでかけてくれた。これで準備万端。コンビニで時間を潰していると、Yマちゃんから連絡が。ほどなくして合流。「ホンマに来はったんですね(笑)」 うん、来ちゃったよ。みんな驚いてたよ。あとはアレグレでビセンテとアヤカさんを驚かせてやるよ。

”この日、日本で一番熱い場所へ” 僕が入替戦に行きたくなった理由は、これだった。が、この西京極はそうでもなかった。フットボールの質は、非常に悪く、ホーム京都が時に中盤をなくし6バックになるという信じられない戦い方をした。もう頭を抱えるしかなかった。しかも、こんな京都に対して、広島が打開できないところが悲しかった。結局2-1で京都が勝ったが、試合終盤に取られたアウェイゴールがキーポイントになるであろうと感じた。ただそれだけだった。

試合が終わり、電車に乗り込んで帰った。そして、そのままアレグレに突入。「こんばんは。」 目を細め、誰が来たかを確認するアヤカさん。事態がわかった瞬間、軽くパニックになっていた。「なんでいるんですか?この前来はったばっかりじゃないですか?なんで?ビセンテー、ビセンテー、Neoさんが来てるで。」 厨房から出てきたビセンテもキョトンとしている。それでも、「元気ですか?なんで来ましたか?」 なんて普通に対応できちゃうのがビセンテ。アヤカさんはちょっと興奮気味。そのリアクションを待ってたんですよ。likebabyfaceさんとuwasanouwasaさんも合流して、いつもの宴がスタート。相方がいない分、以前より増して暴走する。いやー、入替戦のことが忘れられるほど楽しめた。金曜日に帰ることを告げると、みんなから悪魔のささやきが。金曜に帰るのは嫌だったから、日曜にしようかと思っていたが、まさかあんなに長居することになるとは、この時は思ってもいなかった。
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-26 21:21 | 京都

メリークリスマス

Merry Christmas (英語)
Feliz Navidad (スペイン語)
Frohe Weihnachten (ドイツ語)
Buon Natale (イタリア語)
joyeux Noël (フランス語)

今、お勉強している言葉で、クリスマスを祝う言葉を書いてみた。
一気に3ヶ国語を同時に学べる本ってのを使って、
更に来年のためにドイツ語も勉強しなくちゃならない。
ちゃんと身に付くか心配だわ(笑)
欲張り過ぎですな…

ところで、日本語で ”メリークリスマス” って何て言うんでしょうか?
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-25 17:16 | Life

やっと、第1弾が終了

やっと最初の京都旅行記を書き終わった。

これでちょっとだけ肩の荷が下りた感じがしたけど、まだ第2弾もあるんだよなぁ…

昨日で清水の今シーズンも終わったし、そろそろ今年1年を振り返ったりもしないとなぁ…
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-23 15:30 | Life

Mi Cumpleaños

今日で、また1つ年を取りました。

ホンマに早いのね、30代って…

あっちゅー間ですわ(笑)

言葉なんていいです。

ブツをください(笑)

24時間受け付けます。

ちなみに、今欲しいのは、デジタル一眼レフとコンパクトデジカメ。

あとは、4輪のキャリーバッグ。

それから、自由です(笑)

クラシコ、まだ間に合うのなぁ…
[PR]
by neo_no14 | 2007-12-21 00:00 | Life


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧