<   2008年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

残留したいという気持ち ミスを取り返そうとする気持ち

正直言って、勝って当たり前と言い切れる試合だった。
それは、何故か?
千葉の選手からは、崖っぷちに立たされている必死さが伝わらなかったからだ。
絶対に勝たなくてはならないはずなのに、チームとしてその想いが出たのは、試合終盤だけ。
90分という試合時間の中で、長くても10~15分程度気持ちが入っても、残留争いは抜けられない。
巻誠一郎は、唯一最初から最後まで気持ちが入っていた。
敵ながら、敬服すべき姿勢だった。
彼1人で、2.5人分くらいの気合いを見せたが、それだけでどうにかなるものでもない。
あの程度の気合いでは、清水との力の差を埋めるものにはならない。

とは言え、あの2失点は、いただけない。
言い過ぎかもしれないが、情けない。
巻の気持ちがゴールに結び付いたとは言えるが、あれは青山のミスでしかない。
集中力の散漫さ、相手エースを抑えようとする気持ちの大きさ…
もしかすると、相当重症かもしれない。
メンタル面でのリフレッシュが絶対的に必要だろう。
去年までは、自分のミスが失点に繋がらなかった。
それ自体が奇跡だった。
だが、そんなに甘い世界ではない。
今年は、ことごとく自分のミスが失点に繋がっている。
リーグ序盤でのチームのつまづきも要因としてはあるだろう。
北京五輪メンバー落選も響いただろう。
でも、そっから這い上がろうとする非常に強い意志がピッチで見られない。
自分のミスで獲られた点は、自ら取り返してやろうっていう気持ちが足りない。
少なくとも、僕には伝わってこない。
この試合で、児玉新は自分のサイドからクロスを上げられて失点したり、
ドリブルでぶち抜かれてイエローカードをもらってしまった。
でも、それを取り返そうって気持ちが前面に出ていたからこそ、
難しい体勢からでもCKを折り返して、相手オウンゴールを導いたと思う。
まぁ、青山だけに限らず、清水の選手はそういうタイプが多い。
ただ、彼が非常に目立つし、期待もあるからこそ、言わせてもらった。

この試合で、良いことがなかったわけではない。
でも、両チーム共にがっかりすることの方が多かっただけ。
試合の詳細は、また次に。

最後に、とりあえず、ニッコお疲れ。
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-30 02:45 | 清水S-Pulse

熱い舞台へ

今から、日本平へ行ってきます!

気持ちでも、内容でも、結果でも圧倒する試合を!
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-29 09:45 | 清水S-Pulse

今期ラスト日本平

最後のホームゲームくらい、内容も結果も堪能できる試合をしてほしい。

相手は崖っぷちに立たされている千葉。

当然気合い充分で戦ってくるだろう。

しかし、それを上回る気合いで、心を熱くするプレーを見せてほしい。

はっきり言って、今シーズンは不満だらけだった。

だから、今年最後くらい本当の意味で笑顔で日本平を後にしたい。
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-28 23:20 | 清水S-Pulse

戦力外通告の時期

もう2試合しか残されていないこの時期は、来年度のチーム編成もしなくてはならず、
戦力外通告もチームによって発表される時期だと…

浦和からは、岡野雅行と内舘秀樹が、横浜FMからは、大島秀夫が、
来期の契約を結ばないとクラブから通達された。
他クラブでも、続々と発表されている…

清水からは、今のところまだない。
西澤明訓の退団が噂されているが、例え退団しても、戦力外通告とは違うだろう。
まだ満足に清水で活躍してないから、できればここで真っ白になるまでプレーしてほしいが…

正直、現監督の理想の攻撃、理想のFWってのがわからない。
名古屋の退団が決まっているヨンセンを狙ってるとか噂もあるし、
早くも大島の獲得も狙っているようだが、長身ポストタイプが必要なのかね?と疑問が。
サイドアタッカーやクロスの正確なサイドバックもいないから、
ヘッドの強い選手を入れたところでどうなんだろうかと思ってしまうのだが…
それでも大島なら運動量もあってポストもできるから、攻撃パターンを増やす上でもいいのだが。


最近出版された漫画”U-31 完全版”を読んだ。
前に出版されたものだったが、単行本未収録の話、小説版、特別篇を収録した完全版が出て、
それを購入して読むと、色んな意味で胸が痛くなる。
アトランタ世代の主人公が戦力外通告をされるところから話が始まるが、
世代的にも自分と重なるし、ジャンルは違えど、現状から這い上がらなくてはいけないのも同じ。
是非とも読んでほしい漫画だ。
それにしても、原作の綱本将也って人は、すごいなぁ…
今一番お気に入りのフットボール漫画”GIANT KILLING”も、彼が原作だし。
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-27 23:51 | Futebol

AFC年間アワード2008

上海で行われた2008AFC年間アワード。
年間最優秀プレーヤーを確実視されていた遠藤保仁だったが、受賞ならず。
一体、どの試合、どの大会が判断基準になっているのだろうか…
まぁ、僕が知らないだけなのかもしれないけど…

受賞者は、以下の通り。

ダイヤモンド・オブ・アジア賞 長沼健(日本)

年間最優秀ユースプレーヤー アーメド・カリル(UAE)

年間最優秀フットサルプレーヤー ヴァヒド・シャムサエー(イラン)

年間最優秀監督 西野朗(日本、ガンバ大阪)

年間最優秀アシスタントレフリー タンマン・ハムドウン(シリア)

年間最優秀レフリー ラフシャン・イルマトフ(ウズベキスタン)

年間最優秀マッチコミッショナー カマルディン・サカリ(マレーシア)

年間最優秀フェアプレー協会 日本サッカー協会

年間最優秀協会 イランサッカー協会

年間最優秀フットサルチーム イラン代表

年間最優秀クラブチーム ガンバ大阪(日本)

年間最優秀代表チーム 日本代表

年間最優秀プレーヤー セルヴェル・ジェパロフ(ウズベキスタン)
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-26 23:59 | Futebol

PCの調子が…

ここのところPCの調子が悪くて、散々な目に…

アップしようとしたブログも消えちゃったり、ウィルスに感染しかけたり…

iTunes に色々入れてたら、PCの容量がかなりなくなってることに気付いたり…

もう4年近く使ってるし、そろそろ新しいのを買おうかな。

でも、全然お金ないや…
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-25 23:59 | Life

優勝争いと残留争いと昇格争い2008

残り2試合となった今年のJ1だが、いつになく優勝争いも降格争いもダンゴ状態。
可能性だけで言うと、優勝争いは6チーム、降格争いは8チームがいる。
これは、本当に異常なほどのダンゴ状態。

個人的には、優勝は、鹿島(57)・名古屋(55)・川崎(54)に絞られたと思う。
降格争いは、12位京都(40)から大宮(39)・新潟(39)・磐田(37)・東京V(37)・千葉(35)。

当たらないことでかなり有名になってしまった僕の予想…
優勝は、ズバリ名古屋。
自動降格は、東京V。
入替戦は、大宮。

これは、ちょっと希望があったりはする。
やはり日本リーグ時代から1度も2部に落ちたことのない千葉には、その歴史を継続してほしい。
だが、今シーズン最後の日本平で、勝点3を千葉にあげるつもりは全くない。
なんとか最終節でFC東京に勝って、他が2節ともダメであることを祈るしかない。

優勝争いのキーポイントになるのは、名古屋とも鹿島とも対戦する降格が決まっている札幌。
最終節で戦うのが鹿島なので、札幌にはGiant Killingを見せてほしい。
去年は、清水が最終節で鹿島に悔しい思いをさせられたから、今年は札幌に頑張ってほしい。


一方、昇格争いだが、広島が決定していて、あとは自動で1チーム、入替戦に1チーム。
2試合を残して、山形(72)・仙台(67)・セレッソ大阪(63)・湘南(62)・鳥栖(61)が争っている。
正直、山形と仙台で決まりだと思う。
セレッソや湘南が山形と仙台との直接対決があれば違うのだが…
ここは、山形が自動、仙台が入替戦になるのではなかろうか。

まぁ、当たらないとは思いますが(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-24 23:59 | Futebol

アウェイ埼スタでの初勝利!

埼スタでの試合は、ほとんど生観戦してきたが、今回に限って行けなかった。
そんなタイミングでの清水初勝利は、嬉しいやら悲しいやら…
まぁ、迷信だとか験担ぎなんてのは信じていないし、僕が行こうが行くまいが結果は変わらない。

個人的には、磐田とのダービーを含めて、元旦までの試合で全勝することが最低ラインの課題だと思っていたので、勝つことは当然だと思いたいところだが、
やはりアウェイの埼スタの雰囲気も、相手の状況からしても激戦になることは必至だったとも充分にわかっているので、この勝利が清水にとって勝点3以上の価値があると思っている。

試合を見ていないので、内容に触れることはできないが、先制点のシーンは素晴らしかった。
兵働からのふわりと浮かせたパス。
原がサイドに流れて作ったスペースへの枝村の飛び出しの秀逸さ、
そして後ろから来るボールに対してのシュート技術。
本当に素晴らしい!
2点目は、テルのパスカットから素早い展開で、最後は身体能力が出たゴール。
9番が身体能力が高いのは誰もが知っているから、特に驚くようなゴールではないが、
彼がどれだけ動き出しが良くなっているかが気になるところ。
監督からも見限りそうになったとの発言もあったようだが、大卒で3年が過ぎようとしているわけで、いい加減フットボーラーの動きを身に付けないと、プロでやっていくのは厳しい。

守備に関しては、ゴール前で非常に体を張ってよく守った感がある。
特に後半26分に田中達也にGKまで抜かれたところで、ゴールに4人のDFが入ってブロックしたのは痺れた。
最終的には児玉がクリアしたことになるが、青山・テル・真希もよく戻ってくれた。
ああいうプレーは、心に響く。
絶対に点を獲らせないという強い気持ちを感じさせる。
やはり、気持ちの入ったプレーを常に見たい。

今シーズンのJも、あと2試合で終わる。
残留争いの千葉と、京都との試合のみ。
全部勝つのみ。
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-23 23:59 | 清水S-Pulse

箱根・伊豆ドライブ

相方のリクエストを受け、箱根へ紅葉を見に行くことになった。
個人的には、先月の戸隠で見た紅葉で満足していたのだが、相方の誘いは断れない。
わがままで1人3ヶ月も旅していたからね…

テレビやネットでは、箱根の紅葉が見頃だと言っていたので、期待していた。
3連休の初日のため、渋滞を予想して、ちょっと早めに出掛けたのだが渋滞もなく、
予定よりも早く芦ノ湖に到着。
せっかくなので、パワースポットでも有名な箱根神社に行くことに。
大学時代からよく芦ノ湖には釣りに来ていて、箱根神社のすぐ近くが僕らの釣りポイントだった。
しかし、1度も神社には立ち寄ったこともなく、今回が初めて。
思ったよりも小さかったが、参拝者がみなきちんとした作法で参拝していて驚いた。
性格がひねくれているので、どれだけパワーを得られたかわからない。
おみくじ好きなので、今回もやってみると、相方は中吉で、僕は大吉!
大吉ってのは、その時点では大吉でも、その後落ちていくだけと聞いているから、複雑な心境に。
湖畔を散策していくが、紅葉のピークを過ぎているのか、まだ紅葉してないのかわからないような木々がたくさんあった。
正直、戸隠の方がよっぽど綺麗だった。

まだ時間は早かったが、僕らが知らない間にできていた湖畔の新しいレストランに入った。
ちょっと値段は高かったが、トマトなどの素材が非常に良かった。
もう少しだけ味のアクセントがあったら、かなり美味しかっただろうに、惜しい…

期待していたほどではない芦ノ湖周辺は諦め、そのままドライブのつもりで小田原へ。
抜け道から国道1号線に戻ると、芦ノ湖方面に向かう道が大渋滞!
その道を使おうと思っていたが、これは無理だと思い、伊豆方面に進路変更。
最初のうちは問題なかったが、小田原駅周辺でこちらも渋滞に。
ガソリンが怪しくなってきたので、どこかで給油したかったが、静岡市内より高いところばかり。
ギリギリまで粘ろうと思って、レギュラー125円/L以下のところを探すが、全然ない!
だんだんガススタそのものもなくなり、渋滞も酷くなり、ガス欠の危険性が…

途中で道の駅 伊東マリンタウンに立ち寄り、トイレ休憩。
ここは海沿いだけに海産物のお土産がいっぱいあって、塩辛なんかの試食もある。
色々と試してると、白いご飯がほしくなる(笑)
結局、海苔の佃煮とたこわさを購入。

もうエンプティランプが点灯してからだいぶ経っていたので、伊豆高原近くで給油。
粘って安いところを探していたが、結局はセルフなのに128円/Lだった…
でも、ちょっと変わったガススタだったようで、地元の人らしき4人が中でくつろいでいたり、
相方の話ではグランドピアノまであったようだ(笑)

陽もとっぷり暮れて、河津町辺りで海沿いを離れて、中伊豆方面へ。
河津のループ橋を超え、天城越えをした辺りから、大渋滞。
信号は変わるのに、1台も動かなくこともある…
この長い渋滞の最中、相方とかなり深刻というか真剣な話し合いをする。
珍しく、なかなか有意義な渋滞となった。
渋滞を抜けて最初のコンビニでトイレ休憩となったが、ここのトイレも大渋滞(笑)
みんな我慢してたんだな(笑)

沼津にて、お気に入りの洋食屋で夕飯。
ここのハヤシライスは最高!
思わぬ長時間ドライブへのご褒美としては申し分ない。
運転だけだったが、かなり疲れたけど、まぁ楽しいドライブとなった。
もうちょっと紅葉が見られたら良かったんだけど…
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-22 23:59 | Travel

アウトソーシングスタジアム日本平

株式会社アウトソーシングがネーミングライツパートナーとなった。
資金繰りが厳しい地方クラブに、年間9千万円、4年間も確保できたのは、非常に大きい。
まぁ、これが全てエスパルス側に入るわけではなく、静岡市と半分ずつになるが。

これで、名前が「アウトソーシングスタジアム日本平」となった。

でもね、やっぱ”日本平”は”日本平”でしょ!

”聖地”でもなんでもなく、”日本平”は”日本平”!

スタジアムが、早く”日常”になってほしい。
[PR]
by neo_no14 | 2008-11-21 23:59 | 清水S-Pulse


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧