<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

≪WC2010≫ 日本 ベスト16止まり

Penalty ShootOut
こればっかりは、運だと言う人も多い。
PKを外した選手のせいだけで負けたとは全く思ってはいない。
ただ、今後のため、厳しいことを言うが、ゴールの枠を捉えていないシュートは100%入らない。
GKに止められたなら納得ができるが、自分でポストに当てたことは、技術力不足。
そして、技術があってもそれができなかったのなら、精神力不足ということ。
普段出来ることを、常にどんな場面でも出来るようになるためのメンタリティーを身に付けなくては。


ここまで来た日本代表は、誇りに思っていいだろう。
だけど、岡田武史を評価する論調が不思議でならない。
岡田武史は、自分が選んだ日本代表選手を日本を出発する前までは信じていた。
きっと彼らが自分の標榜するフットボールを展開すれば、ベスト4まで行けると。
選手の力を信じていたからこそ、ベタ引きで守ることはせず、前から勝負することをベースにしていた。
ところが、チームの中心選手の不調、得点できない、守れないことを、直前の親善試合で露呈し、
今までのやり方を捨て、結果のみを求める戦術に切り替えた。
それすらも想定していたと岡田が言うのであれば、僕は何も言えなくなるが、
あまりにそういう準備が足りないことから判断すると、想定していなかったのだろう。
岡田は、選手たち、そして自分自身を本番直前で信じることができなくなった。
そんな監督の下でも、選手は本当に本当に良くやってくれたと思う。
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-30 23:47 | 日本代表

嬉しいメール

中国人の友達から、日本代表の決勝トーナメント進出のお祝いメールが来た。
約1年半ぶりの連絡だったこともあり、とても嬉しかった。

彼は、生真面目そうで、日本のサラリーマンの風貌を持つ岡田武史を応援したくなると言っていた。
能力は別だけど、と書いているところが、フットボールマニアの彼らしい(笑)
僕は一貫して反岡田なので、応援は彼に任せると伝えた(笑)

ネット規制によって、ここを閲覧することが出来ないみたいなので、
近況などを返信メールに書いて送った。

現在、上海は万博が開催されているから、無駄に混んでると思うので行きたくないけど、
今年の冬か来年辺りには、行こうかな。
中国に行くなら、黄龍とか九賽溝に立ち寄りたいんだけど、
かなり僻地にあるみたいだし、時間が必要だからなぁ・・・
上海だけなら2泊3日で充分だと思うから、3連休のときにでも行ってみようかな。
そういえば、500円玉貯金で前回貯めた32万くらいが結婚資金に飲み込まれてしまった・・・(笑)
もうすぐ別の貯金箱も30万円近く貯まっているから、ちゃんと別管理しないと(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-29 23:59 | Life

≪WC2010≫勝敗を左右する誤審

微妙だなぁと思うシーンでは、誤審と呼ぶことはしたくないが、
完全にゴールしたのに得点が認められなかったり、オフサイドを流されたりと、
誰が見ても明らかな誤審によって、ゲームプランが大きく狂ってしまったベスト16の2試合だった。
ディフェンスラインのミスから前半から2点を失ったイングランドは、そこから流れを取り戻し、1点を返し
同点ゴールを奪った・・・はずだった。
1966年のイングランド大会決勝でも、イングランドのジェフ・ハーストが放ったシュートは、
ゴールライン上に落ちた際どいボールは、ゴールとみなされた。
奇しくも、この試合もあの日の決勝と同じイングランドvsドイツ。
こういうシーンは、どんな試合でも良くあることだが、よりによってこのカードで起きてしまうとは・・・
最終スコアは、1-4でドイツの勝利。
そこにイングランドが1点を加えたところで、何も結果が変わらないと思われるが、
試合の流れには大きく影響することで、もうあそこから再開することはできないが、
同じ結果になったかわからない。
ドイツとイングランドの力の差は、歴然としていた。
ドイツがイングランドを凌駕していた。
ただ、それだけでは勝てないのがフットボール。
流れを読み、チャンスをキッチリものにしたチームが勝つ。
流れはイングランドに傾いていたのに・・・


散々、イングランドをかばう様なことを綴ったが、僕はイングランドが大嫌い(笑)
イングランドの敗退は、大いに結構だが、フットボールを汚さないでほしい。
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-28 23:59 | 2010 WorldCup S.A

寺LIVE AT 本勝寺 2010

あじさいで有名な本勝寺での寺LIVEに行って来た。
人の繋がりとは面白いもので、僕がポルトガルで知り合った京都の友達の京都の友達の弟子が掛川出身で、
去年に引き続き、今年もその彼が主催するお寺でのLIVEにお邪魔することとなった。
色々と忙しく、清水を出発したのは、13時過ぎ。
道は全然混んでいなかったので、予想より早く本勝寺まで到着。
主催者の坊主くんと、出演者のムジカリズムの2人(一家争鳴さんとSEISUKEくん)と再会し、
四の五の言わずにがっちり握手(笑)
こうして寺LIVEに来れたのも、南アフリカに行けなかったから(笑)
一家争鳴さんの奥さんも静岡初上陸。
相方と2人で参列した結婚パーティー以来で、2度目のご対面(笑)
5月に一緒にご飯を食べたMiddle-Riverさんも旦那さんと共に参戦。
去年も京都から見に来ていたSUNRIZEさんが、着物を召していて、ビックリ。
京都の呉服屋さんに勤めるSUNRIZEさんに一家争鳴さんが着物でのモデルを依頼して、実現したようだ。
淡い色合いの着物も良く、SUNRIZEさんの雰囲気にもマッチしていて、ドキッとさせられた。
5月に送った釜揚げしらすのお代をいただいたのだが、ムジカの2人とも1万円を手渡し、
前回分のおつり(約6,000円)を、また全部釜揚げしらすにつぎ込み、送って欲しいとのオファーが(笑)
気に入ってくれて嬉しいねぇ(笑)

そうこうしていると、寺LIVEがスタート。
トップは、ウッドベースの弾き語り。
個人的には結構好きで、パリのノートルダム寺院近くの橋の上で同じスタイルの人がいて、
20分くらい聞き入ってしまったことを思い出した。
声質もブルージーで良かった。
'次は、スパニッシュギターのトリオ。
演奏力、アレンジがすごくて、スパニッシュギター好きの僕には、最高だった。
最後は、ムジカリズム。
ゲストヴォーカルに京都在住磐田出身のさっちゃんを迎え、
さらにはウッドベースも加わってのセッションで終焉。
心地良い音楽をありがとう!

片付けを少し手伝い、掛川インターまで京都組の車を先導して、お別れに。
ここから約5時間のドライブだから、大変だよなぁ・・・
時間も時間だったので、近くで食事をすることにした。
結構お腹も空いていたので、調子に乗って頼んでしまい、満腹で帰りの運転に(笑)
携帯にイヤホンを付けて、とある方に電話をしながらだったから、割と助かったかも。
相方はあんまり話さないし、こっちをしゃべらすような策略も取らないし(笑)

忙しい中、こうして友達のライブに行けて良かった。
一家争鳴さん、SEISUKEくん、坊主くん、演者、関係者の皆さん、ありがとう。
そしてお疲れ様でした。
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-27 23:59 | Music

M O N E Y

自分の予想とは裏腹に、加速度を増して決まっていく未来へのレール。

なにかとお金が掛かるし、2人で結婚資金用の口座を作ろうという話にもなったが、

自分の口座で、貯金するだけで手を付けない口座があったので、それにまとめることにした。

資金は、とりあえず500万円と設定し、お互い250万ずつ入金し、通帳もカードも相方に預けることに。

が、自分の残高が180万円くらいで、70万円ほど足りず、別口座から入れることにした(笑)


気が付いたら、自分の手元にお金がないことが発覚(笑)

これでは車を買うことは不可能・・・

あっ、そういえば日本円ではなくて、ユーロで50万円ほど持っていたんだった(笑)

でも、それを足してもそんなにないか・・・

新車で買おうと思ってたけど、また中古車かな・・・
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-26 23:59 | Life

《WC2010》E組 日本vsデンマーク

決勝トーナメント進出を信じていたので、試合に負けることはないと予想していたが、
これだけ素晴らしい勝ち方が出来るとは思わなかった。
高地である影響か、デンマークの動きが鈍かったことは確かだが、日本はきっちり動くことができた。
そして、本田圭佑の最高の飛び道具である無回転FKが見事に決まり、
その伏線を上手く利用して、遠藤も素晴らしいコントロールのFKでネットを揺らした。
先取点の段階でも、きっとデンマークのゲームプランは崩されたはずだが、この2点目は非常に大きかった。

代表の攻撃の形が変更されてから、岡崎にとっては苦難の道のりとなってしまったが、
ここで試合を決定付ける3点目を奪ったことは、本当に良かった。
まぁ、代表の攻撃が今までと同じやり方を遂行しようとしていたなら、
試合には出られても得点が奪えず、戦犯扱いされていたことだろう。
それを考えれば、途中出場で守備要員としての出場しつつも、カウンターでゴール前に詰めることを
生真面目にやっていれば、こういう報いがあるというものなのだろう。

この試合の日本代表は、明らかに一皮剥けた。
ただ守るのではなく、攻撃に直結するように守備をし、そしてチームとしての運動量は相手を凌駕した。
チーム全体が走り負けないところは、驚きと言うしかないのだが、
それを実現するためにサポートしているスタッフに感謝だ。
才能無き監督でも、スタッフが一丸となって協力することで、そこの力不足を埋めることは出来る。
小さな力でも、全てが一体となれば、単純な足し算では計算できない大きな力となる。

引き分けでも勝ち上がれた試合だったが、デンマークに対して完璧な勝ち方ができたのは素晴らしい。
決勝トーナメントで当たるパラグアイは、南米予選を2位通過した強豪。
南米は、ボリビアやエクアドル等の高地での予選が必ずあるので、高地の対策が出来ているかもしれない。
デンマークのように明らかに動けないようならチャンスはあるが、そういうこともないかもしれない。
本当の意味で、ガチの勝負になる。
PK戦でも勝ちは勝ちだから、なんとしてでも勝ち上がっていってほしい。

なんだか、手の平を返したように岡田武史の評価が高くなってるみたいだけど、
僕は一貫して、全く評価していない。
続投なんて有り得ない。
この試合で少しだけ可能性を見せたが、彼の標榜する未来無きフットボールは、今大会で見納めに・・・
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-25 23:59 | 日本代表

《WC2010》セルビア 散る

今朝、起きてからレコーダーを確認すると、C組からイングランド・アメリカ、
D組からドイツ・ガーナが、決勝トーナメントに進出することがわかった。

スロヴェニア、セルビアが勝ち上がると予想していたのに、残念だ。

C組のように最後の最後まで結果がどうなるかわからないのがフットボール。

試合終了のホイッスルがなるまで、絶対に諦めてはいけない。

当たり前のことだが、その当たり前のことができるかできないか。

どんな舞台でも、平常心で、いつもと同じようにやることは、精神力が必要になる。

普段から常に意識していれば、どんな場面でも問題ない。



どうでもいいけど、ドメニクはフットボール界から消え去ってくれ。
ヤツを監督にすることに関わったフランスサッカー協会の全員も責任を取ってくれ。
発泡しないシャンパンは、もう要らん。
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-24 23:59 | 2010 WorldCup S.A

《WC2010》グループリーグ最終戦スタート

グループリーグ2戦を終えて、決勝トーナメント進出を決めたのは、アルゼンチンとオランダのみ。
ここから各組で本当のサバイバルマッチが始まる。

フランスのチーム崩壊によって、開催国南アフリカは予選突破の可能性が高まってきたが、
残念ながら、フランス戦には勝ったものの、得失点差で史上初の開催国予選敗退となった。

厳しいグループに入ったので、予想はしていたが、いざそうなってしまうと、
負の歴史を作ってしまったことになるわけで、なんだか寂しい。

A組は、ウルグアイとメキシコが突破。
B組は、最後の切符をナイジェリア・ギリシャ・韓国で争うこととなったが、
韓国がナイジェリアに引き分けて、決勝トーナメントに進出した。
パクチソンというマンUでレギュラークラスで戦う選手を中心に、

自信を持って立ち向かっていく姿を見ると、日本は差を付けられたことを実感する。
結果が全てだからと言い聞かせているが、経過・結果を繰り返して、歴史となるわけで、
最終的にはベタ引きで守るフットボールに未来を感じることができない日本人の自分がいる。
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-23 23:59 | 2010 WorldCup S.A

ピップエレキバン Z

2度も整体をキャンセルしてしまったせいで、肩凝りがすごくなってしまった。

腰の状態は特に気にならないのが、救いかもしれない。

やっと仕事も落ち着き出したので、整体に電話するも今月は予約でいっぱいとのこと。

一番早く入ることが出来る日に予約を入れて、自分でなんとかするしかない。

肩凝りには、ピップエレキバンが驚くほどの効果を発揮する。

ピップの中でも、最強というというアイテムを購入していたので、
それを15箇所くらいに貼り、なんとか凝りを和らげることに成功した(笑)

商品の粘着テープでは、汗っかきの僕の体に貼り付いている時間が短いので、
テーピングをピップ用に切って貼っていたのだが、
上半身裸で家の中をうろうろしているとおかんに見つかり、
その異常なまでに貼られた白いテーピングを見て、かなり引いていた(笑)

肩凝りってことは、きっと頚椎の歪みがあるはず。

たぶん、寝ながらワールドカップをテレビ観戦しているのも影響してそうだ(笑)

姿勢は大事だから、ちゃんと気を付けていかないと。

あと、運動もしないと(笑)
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-22 23:59 | Life

SPIBELT

梅雨に入り、雨続きということもあって、あまり運動をしていない。
仕事が忙しいこともあるし、帰ってから試合を見ようとするから、尚更時間はない。
そういうことを理由に、どんどん動かなくなるから、マラドーナみたいな体形になりそうだ(笑)

このままでは本当にまずいので、Walk、Run、Rideを再開することにする。。。予定(笑)
先月末、親友の結婚式のため、夜のウォーキングやら自転車をやっていたが、
その時に不便だなぁって思ったのが、家の鍵やi-Shuffleをどこに入れるかという問題だった。
僕のは、初代(?)のi-Shuffleなので、USBメモリのような形のもの。
現在のモデルのようにクリップが付いていたりとか、そんな気の利いたものではないので、
ポケットに入れておくか、バッグに入れておかないといけない。
残念ながら、イヤホンが短い影響で、上着のポケットではギリギリ届かなかった。

ということで、なんか良いアイテムはないかなぁと探していると、
お店のランニンググッズの中に、色んなメーカーからアームバッグ・アームポーチとかいうのがあった。
そういえば、スノボの時に、リフト券を入れるアームポーチがあったので、
1度それを試してみたが、ちょっと重くて、腕を振るのに邪魔だった。
どうやら、ランニンググッズとして作られているものは、軽量化されていて、サイズも小さい。
あとは、デザイン的にどうかってとこだったが、あんまり良さそうなものがない。
ちょっと諦めていたところ、アームバッグではないけど、良いのを発見。
SPIBELTというアイテムで、見た目は小さいのに、伸縮性抜群の素材で、結構色んなものが入る。
色も多彩で、青かオレンジにしようと思ったが、青はちょっと発色が悪かったので、オレンジに。
お店には置いてなかったので、ネットで注文。

これで、快適な運動が約束される。。。かも(笑)
まぁ、見通しの悪い夜は、音楽を聴いたりしてると、周りの音が聞こえなくて危険だったりするから、
音量はだいぶ小さくして、かすかに流れるBGM程度にしてるけど。
イヤホンも密閉型だと、ガサガサと音がするからダメだね(笑)
コードが長くて、安っぽいイヤホンも購入決定だな。
[PR]
by neo_no14 | 2010-06-21 23:59 | Life


Futebol(サッカー)を愛する魂のBlog


by Neo_no14

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Futebol
日本代表
清水S-Pulse
ChampionsLeague
2010 WorldCup S.A
EURO2008
Club World Cup
WorldCup
Futsal
Travel
Spa
京都
富士登山
Run & Bike & Swim
SnowBoard
Food
CINEMA
Camera
お笑い
Music
Art
Life

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
more...

Link

最新のトラックバック

JALの乗務員が操縦席で..
from 操縦席でエッチな撮影!エロ飛..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
星美りか 制服を脱ぎ棄て..
from 星美りか MUTEKIデビュ..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
美人女子プロレスラー東城..
from 美人女子プロレスラー東城えみ..

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ライフログ

サッカー戦術の仕組み―日本人の“サッカーIQ”を高める本

サッカースカウティングレポート 超一流の分析

サッカー4スタンス理論

サッカー世界一になりたい人だけが読む本

クライフ公認 「トータル」フットボーラーの全貌

ヨハン・クライフ―スペクタクルがフットボールを変える

ヨハン・クライフ「美しく勝利せよ」

ベンゲル・ノート

オシムの伝言

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

日本人よ!

FCバルセロナスクールの現役コーチが教えるバルサ流トレーニングメソッド

フィジカル革命―フィジカルコーチの日本サッカー強化論

GIANT KILLING(14) (モーニング KC)

U-31 完全版(上) (講談社BOX)

U-31 完全版(下) (講談社BOX)

岳 みんなの山 11 (ビッグ コミックス)

トーマスクック ヨーロッパ鉄道時刻表09冬・春号

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧